大学入試センターに要望書~「生物」で違法な研究手法出題の件

実際の出題からはかなり時間が経ってしまいましたが、センター試験「生物」で人と動物のキメラ作成に関する出題がされた件に関連し、独立行政法人大学入試センターに要望書を送るとともに、写しを文部科学省の担当部署にも送付しました。

出題された研究手法が現時点で日本で禁じられた違法な手段であり、1年経って質問作成者の一覧が公開されたことについて、先日こちらに詳細を掲載しました。

それに関連して、出題者の公開方法についても要望しました。そもそも出題者の公開が、なぜ任期終了の1年後なのか。問題が指摘されても、ほとぼりが冷めたころに個人名公開では、責任も感じずに済んでしまいます。

要望書全文は下記のページに掲載しました。

センター入試 生物 2015 違法行為 平成27年度 iPS細胞 胚盤胞補完法

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG