NO IMAGE

大学が果たすべき社会的責任~動物実験、科学的不正

文部科学省から、以下の通知が出されました。

この中に、「大学が果たすべき社会的責任」ということが書かれています。動物実験についても、この考え方のもとに、代替・削減・苦痛の軽減にもっと積極的に取り組んでほしいと思いました。情報公開も然りです。いつまでも、動物慰霊祭が言い訳になると思っていてはいけないと思います。

3.改正の基本的な考え方

(1)大学が果たすべき社会的責任

公的な存在である大学のステークホルダーは,学生や教職員,大学の設置者等の直接的な関係者にとどまらず,保護者や卒業生,地域社会や各種団体・企業,さらには国民一般に及ぶものである。大学は,社会からの付託に応える教育研究を展開し,こうした様々なステークホルダーに対して,社会的責任(Social Responsibility)を果たしていくことが求められること。

また,そのためには,大学運営に権限と責任を有する学長が,教育研究評議会や経営協議会,理事会・評議員会,監事などの機関を有効に活用しながら,それぞれの大学が果たすべき役割を的確に捉えた上で,自らの説明責任を果たし,透明性の高い大学運営を行っていくことが必要であること。

なお,国立大学法人については,法律上,その設置の目的が,「大学の教育研究に対する国民の要請にこたえる」こと等とされているとともに,その運営費の多くが,国からの公的支援により支えられていることに鑑み,学長が最終的に責任を負う対象は,国民であることに留意すること。

また、研究不正についても、新しい「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」が策定されています。

倫理教育については、主に想定されているのはCITI Japanなどの外部のプログラムだそうですが、CITI Japanでは動物実験についても教材を検討中とのことなので、期待したいと思っています。

また、先日東京大学で開かれた「研究倫理教育ワーク ショップ」を少しだけ聞くことができたのですが、外国人の講師の方の話で興味深かったのは、動物実験倫理について考えさせるために、動物の利用を是とする役と、利用してはいけないという役の二つにグループに分けて議論させるということも行われているという話でした。

私たち側に立つこともロールプレイングされているというのは興味深い話です。

アクションをお願いします

日本が最大の消費国 ジャコウネココーヒー「コピ・ルアク」の取り扱い中止を求めるアクション [sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/action/stop-kopiluwa[…]

活動分野別コンテンツ

活動報告ブログ

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG