イルカたちのために祈りを!&メッセージ受付中! ※終了しました

追記:2015年5月、JAZAは追い込み猟からのイルカの入手を止めると決定しました! ご協力をありがとうございました! 働きかけ当時の記事をそのまま残しています。


dolphin20140810

水族館によるイルカ猟からの野生イルカ購入STOP!を議題に、8月10日、WAZA(世界動物園水族館協会)とJAZA(日本動物園水族館協会)と日本のNGOの三者会談が行われます。

これは、これまでなかったほど画期的なことではあるのですが、当日まで場所は非公開、メディアもシャットアウトが条件なので、会場前でデモンストレーションするなどのアクションがとれません。

でも、せっかくのこの機会に何か伝えたい!

そこで、インターネット上だけではありますが、会合の主旨に賛同する旨を多くの方に表明していただきたく、SNSイベントを立ち上げました。お願いしているアクションは2つ。

①「参加予定」をクリックして、支持を表明。当日同じ時間にイルカたちのために成功を祈る!
②イルカ購入中止のメッセージを伝える画像などを投稿してください!

ネット上のデモンストレーションをしたいと思います。拡散をよろしくお願いします!

Facebookイベント:
https://www.facebook.com/events/417132681760274/

また、これを機にPEACEのフェイスブックページもつくりました。どれほど運用するか未定ですが、イベントの案内などは掲載すると思います。よろしくお願いいたします。
https://www.facebook.com/animalspeace2012

アクションページ説明より

8月10日、水族館の野生イルカ購入の中止をめざし、日本のNGOと世界動物園水族館協会(WAZA)、日本動物園水族館協会(JAZA)の3者会談が日本で実現します。

時間帯は14:00~16:00。この画期的な交渉が成功するよう、この2時間のあいだにイルカたちのためにどうか祈りをささげてください。実際に祈りの時間がとれない方でも、「参加予定」をクリックして支持を表明していただければ、流れを変える力になります!

また、会合へ向け、野生イルカの捕獲中止を求めるメッセージを表現するイラスト、写真などの投稿を募集します。いただいたメッセージは、プリントアウトをし、日本語はJAZA、英語はWAZAに届けたいと思います。

「“イルカ猟は日本の伝統”という世論に守られているから今のままでよい」と思っている水族館業界を変えるには、日本から、また世界中から、多くの声が必要です。どうぞよろしくお願いいたします。

※英語版はCFT(Choices for Tomorrow)さん の主催になります(準備中)

★会合について★

この会合は、エルザ自然保護の会の辺見栄さんたちが、スイスのWAZA本部で持たれた会議に出向き、交渉の末、勝ち得た成果です。

議題は、WAZAのメンバーであるJAZAがWAZAの倫理規範(Code of Ethics)を順守するための検討で、具体的には、JAZAに所属する「太地町立くじらの博物館」など、複数の水族館が、WAZAの倫理規範に従い、追い込み猟からのイルカの調達や取引を中止するための検討となります。

世界動物園水族館協会(WAZA)は、すでに10年前から、イルカの追い込み猟で生け捕りにされたイルカを水族館が売買して飼育することを禁じる警告を出していますが、具体的な解決策に向けての話し合いは、今回がはじめてです。

どうか、イルカたちのために祈りをささげてください&メッセージをお寄せください。

会合の詳細についてはこちら:
http://elsaenc.net/elsaoffice/meeting/(リンク切れ)
会合に至る経緯についてはこちら:
http://elsaenc.net/aquarium/waza2014/(リンク切れ)
ビデオメッセージ日本語版はこちら:
http://youtu.be/iFmBUXPzJKc

※この会議は、あくまで追い込み猟からの生体の捕獲の問題が議題であり、イルカ食については問題としません。このイベントの趣旨に反する書き込みは削除させていただく場合がございます。

追記:

その後、JAZAは追い込み猟からイルカを入手しないことを決定しました。ご協力をありがとうございました!

経緯はまとめページをご覧ください。
日本動物園水族館協会が追い込み猟からイルカを入手しないことを決定!

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG