日本平動物園のふれあいは、ニシキヘビとウサギ・モルモットを並べて展示

2015年、静岡の日本平動物園に行きました。

行った時間が遅く、ウサギ、モルモットのふれあいの時間は終了してしまっていましたが、動物園の一番奥にある区画を使ったふれあいコーナーは、きれいな芝生のスペースを囲んで新しい建物が立ち並んでおり、ふれあいに力を入れていることが一見してわかりました。

しかし、建物に近づいて、ギョッとしてしまいました。ウサギ、モルモットのふれあい施設には、なんと大きなニシキヘビの展示が併設……。

日本平動物園ふれあい

日本平動物園ふれあい ニシキヘビ 大蛇

しかも、殺風景な箱のような施設に、数匹も。

日本平動物園ふれあい ボールパイソン ヘビ

そして、ウサギ・モルモットのバックヤードは、まるで動物実験施設のようにステンレスケージがたくさんならんでおり、繁殖を行っているであろうことも察せられました。

日本平動物園ふれあい ウサギ

日本平動物園ふれあい モルモット

つまり、ヘビは、生まれた子どもの間引き・淘汰用にいることは明らかに思えました。

また、この動物園は、ふれあい用にモルモットを貸し出すということもやっているため、質問を送りました。

回答では、ふれあい用のモルモット・ウサギが餌として与えられていることは認めましたが、「死亡数」に餌用の間引き・殺処分が含まれていないのは、ヒヨコの数を見れば明らかです。

年間で相当数、繁殖させては餌として与えていることになりますが、何のためにこのようなことをしているのか、理解に苦しみます。

質問と回答

1) ふれあい動物園で飼育している動物種と、それぞれの動物種について年間の飼育数、入園数(購入等した数)、繁殖数、死亡数(内訳として淘汰数がわかるようであれば淘汰数も)、出園数(譲渡等した数)を教えてください。
(直近で統計のある年度でかまいません。もし可能であれば2~3年分教えてください。)

答(1) ウサギ・モルモット・ヒヨコ

動物種 飼育数 入園数 繁殖数 死亡数 出園数
ウサギ 17 1 54 1 0
モルモット 70 0 10 3 0
ヒヨコ 70 2030 0 0 0
動物種 飼育数 入園数 繁殖数 死亡数 出園数
ウサギ 28 0 87 1 0
モルモット 80 0 不明 不明 0
ヒヨコ 70 3360 0 0 0
2)ウサギ、モルモット、ヒヨコは、常時何匹/羽くらいが飼育されているのでしょうか。そのうち、1日にふれあいに出される数は何匹/羽ですか。

答(2)

動物種 常時飼育数 1日の使用数
ウサギ 17~29(繁殖個体含む) 12~18
モルモット 70~80(繁殖個体含む) 6~16
ヒヨコ 60~70 30~70

※使用する数は平日と、土日祝で異なる。来園者数によって調整する。

3)ふれあいに出しているウサギ、モルモットの性別を教えてください。メスのみですか。オスを出している場合は、去勢の有無も教えてください。

答(3)
ウサギ・・・オス・メス、去勢なし(オスとメスを分けて使っている)
モルモット・・・メスのみ

4)ふれあい動物園(繁殖した子どもを含む)のウサギ、モルモット、ヒヨコを殺処分、あるいは他の動物の餌にすることがあるかどうか教えてください。殺処分の方法はどのような方法で行われているか、餌にしている場合は生餌で与えているかどうかも教えてください。

答(4)
ウサギ・・・ネコ科、爬虫類の餌
モルモット・・・爬虫類の餌
ヒヨコ・・・爬虫類、猛禽の餌

殺処分は頭部殴打、炭酸ガス。ヘビは生餌の場合もある。

5)ふれあい動物園にニシキヘビ等がいましたが、餌はどれくらいの頻度で何を与えているのでしょうか。

答(5)
ビルマニシキヘビ・・・モルモット1頭/1カ月

6)ウサギ、モルモットの飼育ケージは動物実験用に販売されているものですか。ケージの広さと、何匹ずつ入れているのかも教えてください。

答(6)
作成したもの。
ウサギ・・・H400mm × W1000mm × D600mm 1頭ずつ
モルモット・・・H500mm × W1200mm × D600mm 7~10頭ずつ

7) 小学校へのモルモットのレンタルを行っているそうですが、年間何匹を何カ所にレンタルしているのでしょうか。レンタルするのはオスですか。どういった理由でレンタル用に選ばれるのでしょうか。
生活科の教材として用いられるということで、実験動物と同じような扱いになるかと思いますが、倫理委員会のようなものは存在するのでしょうか。
動物園に戻された後は、ふれあいに出されるのですか。

答(7)
学習目的に貸し出すため、科学上の利用に供する動物と同じ扱いになるとは考えておりません。倫理委員会はありません。
貸し出しに際し、モルモットの健康管理等に関する学校への支援を獣医師会と連携し、近隣の動物病院に依頼することが条件になっています。
この10頭はふれあい個体とは別に飼育管理しています。
静岡大学教育学部と共同研究として現在進めている研究課題名「生活科における動物園との連携による動物飼育」


※このことに関連して静岡大学にも動物実験計画書の開示請求をしましたが、一面真っ黒が多く、非常識極まりない大学だと感じました。異議申し立てをするマンパワーが足りず、残念です。

注:課題名も墨塗りなので、以下は適当にピックアップしたサンプルです。

セキセイインコを使った動物実験 情報公開されない 隠蔽

 

墨塗り 不開示 真っ黒 

 

墨塗り 非開示 真っ黒
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG