化粧品の動物実験に関する意識調査、詳細公表

今年3月の「美しさに犠牲はいらないシンポジウム」において、ラッシュ・ジャパンが行った化粧品の動物実験に関する意識調査について紹介をさせていただきました。その際は、ごく一部しかご紹介できませんでしたが、この度その詳細を論文で読んでいただけることになりました。

本日発売の「FRAGRANCE JOURNAL(フレグランスジャーナル)」2013/11月号に、「化粧品開発における動物実験に関する意識調査―日本における一般消費者の態度」のタイトルで掲載されています。

研究開発者向けの専門誌ですが、ぜひご一読ください。8割近い消費者が「化粧品の新規成分の開発は代替法ができるまで待っても良い」と答えており、動物や動物実験に関心を持たない層であっても、多くの人が代替法開発の必要性を支持していることがわかります。

掲載号の詳細は、以下のリンク先をご覧ください。

※この形にまとめるにあたっては、HSI(Humane Society International)の山崎佐季子さんに多大なるご尽力をいただきました。御礼申し上げます。

▼化粧品の動物実験を考えるシンポジウムスライドより
ラッシュ意識調査

ラッシュ意識調査

アクションをお願いします

日本が最大の消費国 ジャコウネココーヒー「コピ・ルアク」の取り扱い中止を求めるアクション [sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/action/stop-kopiluwa[…]

活動分野別コンテンツ

活動報告ブログ

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG