理化学研究所 化粧品の研究開発のために使われるマウス(動画)

昨年、施設の一般公開時に、まだ目も開かない幼いマウスたちを子どもに触らせていた理化学研究所筑波研究所ですが、本年は「ふれあいはやらないが、マウスの展示はする」とのこと。

実験動物は普段あまり見る機会がないですし、去年、「かわいそうな動物だ」と言いながら見学していた人たちもいたので、あながち見せること自体が悪いとは思わないのですが、騒がしいところでの展示や、展示しただけで殺処分といったことは止めてほしい旨、メールをしました。

ちなみに、化粧品の動物実験を考えるシンポジウムの開催が迫っていますが、昨年、理化学研究所では化粧品の研究開発のために使われるヘアレスマウスを展示していたので、映像をご紹介します。

化粧品の動物実験を考えるシンポジウムは、お陰様で予約満席となっています。告知にご協力くださった皆様、大変ありがとうございました。

(S.A.)

アクションをお願いします

日本が最大の消費国 ジャコウネココーヒー「コピ・ルアク」の取り扱い中止を求めるアクション [sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/action/stop-kopiluwa[…]

活動分野別コンテンツ

活動報告ブログ

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG