貝毒の動物実験を代替する機械分析法が通知されました

二枚貝が市場に出る前に行われている貝毒検査の動物実験が、機械分析法に代替されました。厚生労働省から3月6日に通知が出ており、ホタテガイは即日施行、他の貝は4月1日から施行です。

ホタテガイは、輸出先となっているEUが、既に今年初めから下痢性貝毒のマウス試験法を禁止していることへの配慮と思われます。

実際の試験法の手順は「下痢性貝毒(オカダ酸群)の検査について」に書かれています。

これで公定法であるために避けられなかったマウス試験法を行わなくて済むようになります。しかし、試験の際に使う毒の標準品の供給が不安定なので、当面動物実験でもよいという二本立てになってしまいました! 早期の完全廃止が望まれます。

ほたて

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG