外科手技訓練用の人造モデルの犬 SynDaver® Canine Surgical Model

教育における動物実験の代替に取り組むInterNICHEから、韓国の建国大学校の獣医校でもイヌの外科トレーニング用解剖モデルSynDaver® が採用されたとの情報をいただきました。東アジアにも生体代替の波が来ています。

こういったモデルは、あくまで実際の犬で行う前などの手技訓練に使われます。生きた犬に全く触れずに獣医師になれると言っているわけではありません。実際の患畜を見る臨床実習は必要です。人間の医者になるのに人間を殺して訓練しないのと同じように、獣医学でもシミュレーターなどを活用してほしいと願っています。モデルのメリットは、繰り返しの訓練ができることです。

動画をリンクしました。ネコのモデルもありました。

※注意:リンク先の写真や動画は本物の死体ではない人造のモデルを扱ったもので、閲覧注意とすべきか悩みますが、人によっては苦手かもしれませんのでご注意ください。

Canine Surgical Model

CopyCat Feline Anatomy Model

アクションをお願いします

日本が最大の消費国 ジャコウネココーヒー「コピ・ルアク」の取り扱い中止を求めるアクション [sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/action/stop-kopiluwa[…]

活動分野別コンテンツ

活動報告ブログ

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG