東武乗馬クラブ&クレインのチラシに回収の指導がありました

よく駅前にポニーを連れてきて乗馬無料体験勧誘をしていることが問題になっていた東武乗馬クラブ&クレインですが、今年4月6日の新聞折り込みチラシに第一種動物取扱業の登録番号等の記載がありませんでした。

埼玉のスタッフから現物を送ってもらい確認しましたが、一切表示なし。今どきすがすがしいほどはっきりした法令違反です。

しかも、新型コロナウイルス対応についての記載はありますから、昔印刷したものを使っているわけでもありません。間違いなく今年に入ってからの印刷のはずです。

このとき、幸手保健所が指導を行ってくれました。

そして、おそらくこの程度の遵守事項、守って終わりなのだろうと思っていたところ、なんと9月10日に再び配布されたチラシには、動物取扱業登録は会社名と代表者氏名、種別(展示)の記載のみ、「その他詳細はWEBにてご確認ください」というとんでもない表示。

こういうのは初めて見ました。新手の違反です。

なぜ全部載せられないのでしょうか? 隠しているのは有効期限や動物取扱責任者氏名。何か出したくない理由があるのかもしれないと、怪しく思いました。(例えば、期限が切れているとか、取扱責任者になれないはずの者がなっているとかを疑います。)

再びスタッフが保健所に通報してくれたのですが、保健所がなかなかクレインの代表者と連絡がとれないということで、本日、代表者を保健所に呼び出してくれました。

チラシは、すでに配ってしまったものは仕方がないが、それ以外は回収を指導。直したものを配布するように指導がありました。

以前はちゃんと入れたものを配っていたそうですが、現在はチラシの作成に動物取扱責任者が関わっていなくて、法律をよくわかっていなかったとの弁明だったそうです。

しかし、4月に一度指導されているのですから、どのように載せるのかは、動物取扱責任者に確認すれはよいだけではないですか。

今後改善されることを願います。

広告における登録番号等の表示は、無登録の違法営業ではないことを示す証です。記載がないビジネスは絶対に利用しないでください。

▼触られても無反応で精気のないクレインの馬(写真は2011年頃です)

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG