中国が一般化粧品の輸入についても動物実験義務づけを廃止する日は5月1日に決定

3月4日、中国が一般化粧品の輸入についても動物実験の義務づけを廃止するとしていたことについて、新たに施行日が5月1日に決まりました。
ただし、今のところ、動物実験なしで中国に輸出できることがはっきりしているのは、先日アップしましたとおり、フランスだけです。国もしくは地方政府が出すGMP証明書という中国側の要件に対応するプラットフォームを立ち上げています。
関連記事

化粧品の動物実験を禁止している国の一覧をまとめました 化粧品の動物実験に対する法的禁止を完全もしくは部分的に行っている国の一覧を作成しました。動向があったときは、このページを更新していきます。 [sitecard subtitle=[…]

化粧品の動物実験廃止
また、下記の報道によると、イギリス政府も対応しようとしているところのようです。今後、多くの国がフランスに追随すると思われます。
ChemLinked

Imported general cosmetics will be permitted to exempt from …

日本は、そもそも化粧品には公的なGMPの仕組みがなく、現状では厳しいか? 業界の動きが注目されます。

関連ページ更新

化粧品の動物実験を禁止する国の一覧ページに載せていた中国の参考情報を更新しました。
関連記事

2021年2月13日up 化粧品の動物実験を禁止する国の一覧について 化粧品の動物実験禁止は、今まさに世界中で状況が動いています。できる限りリアルタイムで更新しますが、タイムラグがあることはご容赦ください。 化粧品の動物実[…]

化粧品の動物実験廃止
 
 

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG