タイからコツメカワウソが合法的に輸入されたのは1989年が最後

今年3月、タイの空港で、野生のフクロウやワシなど合わせて8羽と、カワウソ12匹をスーツケースの中に隠し、国外に違法に持ち出そうとしたとして、福島県の男性が逮捕されました。

タイのニュース番組公式チャンネルがアップしている動画を見ると、カワウソは子どもです。かわいそうに、日本に連れてこられるところでした! 自分で飼うためと言っていると報じられていますが、どう考えても売るためでしょう。

男性は、これらの動物をバンコク郊外のチャトチャック・ウィークエンドマーケットで4万5千バーツ(約5万円)くらいで購入したようですが、日本の末端価格と比べるといかにボロい商売かということがわかります。

コツメカワウソは、去年、動物園からペットショップへの流出についてご報告しましたが、やはり密輸の話も絶えないようです。

そう思って調べてみたところ、タイから合法的に入ってきているのは、なんと1989年が最後!

おかしいですねえ? 

ただし、最近のデータは情報公開請求中なので未確認です。またご報告します。追記:情報公開によっても確認しましたが、タイからの合法な輸入はありません。(タイ側が許可しません)

ちなみにリストの現物は悪用されると困るので載せませんが、付属書IIなので商用もOKということで、動物園のための輸入より商用のほうが多いです。件数は毎年それほどありません。少ないです。(合法のはですよ!)

ただし、商用で入ってきた場合も、すべて動物園へ売られていることが確認できた記録もありました。動物園も動物商から購入します。

さすがにふつうの動物園は合法かどうか確認していると思いたいですが…情報提供によれば「動物園」という名前だからといって、合法なものばかり買っているとも限りません。

※動画は記事とは無関係です。

▼コツメカワウソまとめページ

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG