改正動物愛護法2年目の施行へ向けて動物取扱業者の飼養管理基準が策定されようとしています。犬猫以外の動物にも福祉基準を!
CATEGORY

種の保存法

  • 2020年4月7日

合法に輸入されたコツメカワウソの数はこんなに少ない/コツメカワウソまとめページつくりました

▼コツメカワウソまとめページ コツメカワウソに関するコンテンツがふえましたので、このページからたどれるようにまとめました。 合法に輸入されたコツメカワウソの数はこんなに少ない! あくまで書類上合法に輸入されたものであって、違法捕獲された個体が輸出国側 […]

  • 2019年4月8日

有名爬虫類ショップ店長ら、奄美大島での密猟や動物愛護法違反(特定動物)で逮捕

爬虫類等の販売では超・有名店の「爬虫類倶楽部(通称ハチクラ)」中野店の店長と、カエルの図鑑まで出しているフリーライター奥山風太郎(ペンネーム。本名も報道されていますが)の2名が逮捕されました。大事件です。警視庁生きもの係の快進撃が続きます。 奄美大島 […]

  • 2018年7月24日

6月1日、改正種の保存法施行。これにより動物愛護法も一部改正されています

SNSで触れただけでブログには載せていませんでしたが、今年6月1日、種の保存法(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)の改正が施行されました。 動物福祉については全く無関係となってしまいましたが、認定希少種保全動植物園の制度が発足し(つ […]

  • 2018年5月29日

堀井動物園のチンパンジーを助けて! #FreeDaichi

Twitter・Facebookで呼びかけましたが、5月6日、堀井動物園のチンパンジーのダイチが、MBSハウジング和歌山インター住宅展示場の移動動物園に連れていかれ、餌やりの見世物に使われました。 現地に行ってくださった方々が、「これが21世紀の日本 […]

  • 2018年4月14日

イワシクジラの流通停止を求めるNGO共同声明に賛同しました

絶滅のおそれのある野生生物を過剰に消費しないよう、国際取引にルールを設けているのがワシントン条約(CITES)です。付属書に掲載されている動植物種の輸出入には規制がかかっており、特に付属書Iは商業取引禁止です。(ただし、学術研究や、商業用に繁殖された […]

  • 2018年2月1日

【2月24日締切】種の保存法施行へ向けたパブリックコメント

今年の6月1日に施行される改正種の保存法の政省令案についてパブリックコメントが行われています。動物の生体もしくは死体・パーツの利用に関連する項目には以下のようなものがあります。 希少種の保護増殖という点で一定の基準を満たす動植物園等を認定する「認定希 […]

  • 2017年4月28日

タイからコツメカワウソが合法的に輸入されたのは1989年が最後

今年3月、タイの空港で、野生のフクロウやワシなど合わせて8羽と、カワウソ12匹をスーツケースの中に隠し、国外に違法に持ち出そうとしたとして、福島県の男性が逮捕されました。 タイのニュース番組公式チャンネルがアップしている動画を見ると、カワウソは子ども […]

  • 2017年2月17日

種の保存法見直しの答申について パブコメ結果も公表

1月30日、環境省の野生生物小委員会が開催され、パブリックコメントの結果等が反映された種の保存法見直しの答申案について審議されました。 最終的な答申とパブコメ結果は、下記のサイトで公開されています。 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存につき講ずべ […]

  • 2017年1月10日

1月11日締切 種の保存法見直しについてパブリックコメント

【Facebookより転載】 ※記録のためブログにも転載しました 1月11日締切で種の保存法見直しのパブリックコメントです。 環境省:「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存につき講ずべき措置について(答申案)」に対する意見募集(パブリックコメント) […]

  • 2016年10月20日

【種の保存法見直し】あり方検討会が終了しました

9月15日に第4回、10月13日に第5回の絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律あり方検討会が開催されました。種の保存法見直しへ向けて開催されているものですが、これで最終回となります。 内容については当日のツイートをご参考ください。後日、 […]

  • 2016年8月10日

種の保存法改正:動植物園等の公的機能推進方策のあり方の回終了

8月3日に開かれた「第3回絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律あり方検討会」で、いよいよ動植物園等の公的機能推進方策のあり方についてが議題になりました。 ■これまでの関連する投稿はこちら: 環境省の動植物園等の検討会傍聴~認定動植物園等 […]

  • 2016年7月25日

<CITES動向>ミミナシオオトカゲについて報道されました

昨年冬のエキゾチックアニマル展示会で実物を見て驚いた幻のトカゲ、ボルネオミミナシオオトカゲですが、マレーシア政府がワシントン条約に基づく国際商取引の禁止(付属書Ⅰ掲載)を提案したとのことで、本日、共同通信から詳細な記事が配信されました。 ボルネオミミ […]

  • 2016年7月22日

環境省の動植物園等の検討会傍聴~認定動植物園等(仮称)とは!?

ご報告がすっかり遅くなってしまいましたが、昨年度(平成27年度)にも、動植物園等公的機能推進方策のあり方検討会が2回開催されました。 3年連続で続いてきた同検討会による検討の最後であり、結論から言うと、種の保存法の改正による規制緩和を伴うような新制度 […]

  • 2016年7月13日

種の保存法あり方検討会の第2回目は国際希少種取引について

6月28日、環境省が「第2回絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律あり方検討会」を開催しました。種の保存法の見直しへ向けて開催されているもので、第1回の資料等については、環境省の下記のページで既に公開されています。 絶滅のおそれのある野生 […]

  • 2016年3月27日

狂犬病予防法違反、鳥獣保護法違反、種の保存法違反の統計も更新

先日の動物愛護法違反に続き、狂犬病予防法違反、鳥獣保護法違反、種の保存法違反の統計も更新しました。 狂犬病予防法違反人員数 検察統計より 鳥獣保護法違反人員数 検察統計より  種の保存法違反人員数 検察統計より ※googleスプレッドシートへリンク […]

  • 2015年6月22日

アメリカ:飼育チンパンジーの保護を強化~医学目的は不可に

アメリカでは、種の保存法にもとづく規則が変わり、飼育下のチンパンジーにも保護が拡大されることとなりました。これによって、実験などのチンパンジーの利用については許可制となり、研究は、チンパンジーの保護につながるようなもの等に限られるようになります。 医 […]

  • 2014年6月16日

改正種の保存法施行で国際希少種の広告規制強化 ほか

ここのところの環境省所管の法律関係の動きをまとめてみました。 まず、昨年改正された種の保存法の施行が6月1日にありました。段階的施行だったので、罰則強化など一部は既に施行されていましたが、今回で最後です。 国際希少種の登録制度についても若干の変更がな […]

  • 2014年4月16日

中国で胆汁を採取されるクマたち…130頭がサンクチュアリへ!

香港を拠点とする動物福祉団体アニマルズアジアからグッドニュースです。翻訳をご提供くださいました柴田様、たいへんありがとうございます。 アニマルズアジアは、中国などで行われている悲惨な胆汁液採取の現場からクマをレスキューしていることで知られている団体で […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG