Twitter・Facebookで呼びかけましたが、5月6日、堀井動物園のチンパンジーのダイチが、MBSハウジング和歌山インター住宅展示場の移動動物園に連れていかれ、餌やりの見世物に使われました。

現地に行ってくださった方々が、「これが21世紀の日本!?」という驚きの光景についてレポートしてくださいました。動画はこちらのページをご覧ください。当日のTwitter連続ツイートは下記リンク先をご覧ください。

Twitter投稿リンク

人類と同じヒト科の大型霊長類であるチンパンジーを、今どきこのような見世物小屋で飼育している業者にお金を払い、イベントをすることに何ら問題意識を持たない毎日放送の子会社や大阪のイベント会社。動物の福祉どころではない日本の惨状に、絶望的な気持ちになります。

今後、一切移動動物園を行わないよう、当会では後日改めて要望書を送付いたしました。皆様も、引き続きご意見をお送りください。送付先はこちらに掲載しています。

またそもそも、ダイチをこのような劣悪施設から救わなければなりません。滋賀県に対し、特定動物の飼養・保管許可を取り消し、ほかの施設への移管を指導するよう、ご意見をお送りください。

住宅展示場運営会社の担当者も、イベント会社の社長も、チンパンジーが絶滅の淵にあることや、認知機能の高い動物に対してはそれ相応の配慮がいるといったことについて全く知識もありませんでした。チンパンジーが力が強いことについても知らない様子でした。移動動物園でチンパンジーを使うことは、もはや常識外れであるということが全く共有されません。

こういった企業は、ただ、面白おかしく、客寄せができればいいのです。

両社とも「堀井動物園は合法に営業している業者だから問題ない」と繰り返し述べていましたが、嘆願書送付のアクションをお願いしていますとおり、堀井動物園の園長は特定動物の無許可飼育(動物愛護法違反)で3月13日に大津地方検察庁に書類送検され、現在検察の捜査中の身です。

両社とも、このことを言っても、特に問題ないと考えているようでしたが、特定動物とは「人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれがある動物」として飼育が許可制になっている動物であり、ふれあい移動動物園が使うべき動物とは思えません。チンパンジーもまさに特定動物に指定されている動物ですが、そのような動物を餌やりに使う業者が、同じ特定動物について無許可飼育を繰り返していることについて、問題に思わないのでしょうか。はなはだ疑問です。違法行為をしていても、許可(第一種動物取扱業の登録のことか?)自体はあるからいいのだそうです。

また合法だといいますが、国際希少野生動植物種に該当するチンパンジーであるダイチの入手自体が合法なのかどうか、環境省は個別に教えませんし、事業者当人も動物商も信用できませんし、合法だと外部から確実に確認する方法がありません。この確認も2社には求めました。

写真を以下に再掲しますが、そもそもこのような光景を見て、子供たちはいったい何を学ぶのでしょうか。

この展示でチンパンジーがどのような動物かわかるのでしょうか。家族・群れで暮らす動物だということがわかりますか。樹上性が強い動物だということがわかりますか。本当は何を食べているのでしょうか。

申し訳程度の掲示は、書籍からの無断使用でした。そもそも、このような掲示を置いていても、餌やりのような見世物をやっていては意味がないでしょう。野生動物は人間が餌を恵んでやるような惨めな存在だと教えているようなものです。

毎日放送やイベント会社、はたまたこのような客寄せによって利益を得ようとする住宅メーカーは、野生動物について、いったい何を次世代に伝えるつもりなのでしょうか。

餌やり

ダイチのこと

堀井動物園ではダイスケと呼ばれていますが、本当の名前はダイチです。ショーに使われるため円山動物園から手放され、そこでトレーナーを咬んだため、動物商や展示施設を転々とすることになった不遇のチンパンジー。ショーに用いられたチンパンジーが不幸な生涯を送ることになったのは世界的な現象ですが、日本も例外ではありません。

GAIN大型類人猿ネットワークのデータベースより一部抜粋

種・亜種 hybrid / 亜種間雑種
生年月日 1987.02.08
出生地  札幌市円山動物園

経歴
1987.02.08  円山動物園で生まれる。群れ育ち。
1991.01.23  長崎鼻パーキングガーデンへ移動。ショー出演のためのトレーニングをするが、トレーナーを噛んだため中止。
1993.09.26  (株)南北貿易へ移動。
1994.01.18  堀井動物園に来園
1996.04.26  白鳥どうぶつ園へ移動(南北貿易経由)
1997.10.01  堀井動物園移動(南北貿易経由)。1年間ほど、倉庫の中や屋上を自由に動きまわって生活する。
1997.10.01  トップが来園。隣り合わせの部屋で生活する。
2003    来園当初から取る事ができずにいたチェーンの首輪を、麻酔をして外す。楽になった様子。
2004.9  トップとの間の鉄板を剥がし、トップの左腕を噛む。檻の修理のため、移動用の檻で生活

「1993~1996年当時の国内血統登録書では1993年9月26日~1996年4月26日の期間は南北貿易で飼育されていたことになっているが、その後の記載などから、堀井動物園や那須(那須ワールドモンキーパークのことか?)でも飼育されていたらしい。」との記述もあり。

■意見送付先

※2019年3月にMBSハウジング和歌山インター住宅展示場から、今後行わないとの回答が得られましたので、意見送付先を削除いたしました。皆さま、ご協力を大変ありがとうございました。

株式会社イーストプラン
イベント会社です。堀井動物園と直接契約していたのはここだそうです。当日も会場におり、イベントの運営に関与。動物のことは全く知りません。

●株式会社MBS企画
住宅展示場の運営をしている会社。なんと毎日放送の連結子会社です! 役員も毎日放送関係者。メディア関係にしては意識が低すぎませんか?

●MBSハウジング和歌山インター住宅展示場
MBS企画に公開アドレスがないので、メールの方はこちらからお願いします。

●滋賀県
特定動物の飼養・保管許可を下ろしているのは滋賀県です。堀井動物園に対するチンパンジーの飼養保管許可を取り消すよう要望してください。移動動物園に使うのは危険です。この日、飼育員も、つかむ、引っ張られると述べています。県外の適切な飼育施設に移させるよう指導してください。

知事への手紙(県政への意見)メールフォーム:http://www.pref.shiga.lg.jp/chijishitsu/tegami.html

●住宅展示場内のメーカー
時間に余裕がありましたら、この住宅展示場に出ている各メーカーにも意見を。こんな見世物で客引きをして利益を得てうれしいですか?

セキスイハウス
パナソニックホームズ和歌山
株式会社イシカワ
旭化成ホームズ株式会社
ダイワハウス
セキスイハイム
住友林業
ヤマダエスバイエルホーム 
マルコーホーム
一条工務店

回答について

結局回答が来たのは、住友林業、大和ハウス工業、パナホーム、そしてMBS企画だけでした。

住友林業

大変貴重なご意見を頂戴し、誠にありがとうございます。
頂いたご意見を運営会社にしっかりお伝えし、今後の展示場運営に活かして参る所存です。

大和ハウス工業

まずは、弊社は展示場に入居している一テナントであり、開催されたイベント内容が、当社の企業姿勢を示しているものではありませんことをご了承ください。
今後、弊社が入居する展示場などにおいて、運営会社やイベント会社などから催事に関しての提案があった際は、客観的な見地から問題などがないかを熟考し、意見を具申していくよう努めてまいります。
今回、貴団体からいただいたお申し出に関しましては、真摯に受け止め、関連部門にも共有させていただき、水平展開を図ってまいります。

パナホーム
※出展してしているのは株式会社パナホーム和歌山とのこと。

展示場のイベント企画やその他の実施につきましては、運営会社の株式会社MBS企画に一任しております。頂戴したご内容は、運営会社に伝え今後の運営において重々検討するよう指示いたしました。

MBS企画

動物愛護の観点には様々なご意見が存在することは十分に承知をしております。今回の貴重なご意見は今後のイベント運営におきまして大いに参考にさせていただきます。
今後も関係法令を遵守し適正なイベント運営に努めていく所存でございます。

結局、肝心のMBS企画が、最後まで「法律さえ守ればいいよね」という態度でした。世の中には動物虐待を是とする人まで様々な意見があるかもしれませんが、ダイチをこのように使ってよいと考えるのは動物愛護の考え方ではありません。動物の世界のことを少しでも知っていれば、チンパンジーをこのように扱ってはいけないという考えのほうが常識だとわかると思いますが、企業にそのような知識がないことを真剣に憂えます。

※追記:その後、堀井動物園園長の裁判では、初公判にMBS放送のテレビカメラが来ていました。一審判決の際に報道しています。

※追記2:2019年3月、MBSハウジング和歌山インター住宅展示場から、今後行わないとの回答が得られましたので、意見送付先を削除しました。

堀井動物園まとめページ

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG