PEACE活動報告ブログ

養毛剤の加美乃素本舗が動物実験施設の廃止届を神戸市に提出

ここのところ地方自治体の条例による取り組みが話題になっていますが、非常に先進的な自治体の取り組みの一つに、兵庫県の「動物の愛護及び管理に関する条例」による動物実験施設の届出制があります。兵庫県内に動物実験施設を設置する場合には、兵庫県か、もしくは神戸市・西宮市・尼崎市・姫路市の場合は各市に届出をしなければいけません。

この届出内容についてPEACEとして情報公開請求を行った際、神戸市中央区に本社を置く化粧品・医薬部外品・医療品メーカー、株式会社加美乃素本舗の動物実験施設の情報が含まれていました。

育毛剤・ヘアケア製品を中心としたラインナップで知られる同社ですが、「化粧品・薬用化粧品の動物実験は行っていない」との回答をしているとの情報があったため、確認したところ、動物実験を廃止した際、実験に用いられなかったマウスの子孫等が少数飼育されていたため「安楽死も忍び難く」(同社回答より)、飼養施設として存続しているとのお返事を昨年1月にいただいていました。

引き取って新たな飼い主探しをすることも申し出たのですが、ある程度年齢も重ねたマウスたちでもあり、同社の業務に協力してきた動物たちとして最期まで世話をするとのご回答をいただき、全て亡くなった後に施設の廃止届を出すことをお願いしてやりとりが終わっていました。

そして先日、「残っていた動物(マウス)も天寿を全うし、すべての実験用動物がいなくなりましたので、平成28年2月17日付をもって実験動物飼養施設の廃止届を行いました」とのご連絡をいただきました。

このことは神戸市にも確認済みであり、実際に施設の廃止を外部から確認できる動物実験施設の届出制のメリットを改めて実感したところです。これまで他の自治体に広まっていないのは非常に残念ですが、次の法改正では、ぜひ全国区で届出(できれば登録)制度の実現を求めていきましょう!

ちなみに、同社は原料にも動物実験しておらず、試験の外注も行っていないとのこと。現在まだウェブサイトでは動物実験廃止について明記していませんが、掲載は検討中とのことです。

最後になりましたが、マウスたちを最期までお世話してくださいました加美乃素本舗の皆様に御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

お礼

このエントリーをはてなブックマークに追加