貝毒の動物実験代替へ向けて 傍聴2回目

本日、食品安全委員会で「第30回かび毒・自然毒等専門調査会」が開かれ、下痢性貝毒の健康影響評価について、2回目の会合が持たれました。

マウスを使う動物実験の代替には、食品安全委員会で評価結果が出ることがまず第一歩です。

きょうは分析法についてはほとんど話が出ませんでしたが、これまでのヒトでの発症例や動物実験の結果、海外での評価結果などについて説明があり、評価書の構成案も出てきました。

<これまでの経緯>


追記:
食品安全委員会のサイトに資料が公開されました。

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG