町野義彦が密輸したサル

【傍聴】元ショップ経営者のサル密輸事件初公判

  • 2022年11月14日
町野義彦が密輸したサル

イベント詳細


サル類を密輸しようとした元ペットショップ経営者の初公判が開かれます

サル類4種(ショウガラゴ、コモンリスザル、ピグミーマーモセット、アカテタマリン)計21匹を密輸しようとして10月に逮捕された元ペットショップ経営者の初公判が開かれます。

霊長類は絶滅の恐れがあるだけではなく、感染症法で愛玩目的の輸入が禁止されており、国内に入って販売ルートにのれば大きな金銭的利益を生み出します。例えばショウガラゴは現在高値で売られており、1頭200万円近くになっています。

この密輸は、今年6月に羽田空港で発覚していたもので、逮捕容疑は感染症予防法違反(輸入禁止)と関税法違反の疑いでした。

傍聴は誰でもできます。

初公判日程

2022年12月20日(火)1時30分~  ※終了時間はわかりません
東京地方裁判所 第422号法廷

報道

朝日新聞デジタル

 輸入が禁じられたサルを密輸したなどとして、警視庁は、元ペットショップ経営の町野義彦容疑者(48)=埼玉県川口市=を感染…

産経ニュース

輸入が禁止されているサルをタイから密輸しようとしたとして、警視庁生活環境課などは、感染症予防法違反と関税法違反未遂の疑い…

関連ページ

関連記事

人間も霊長類であるため、他種のサル・類人猿のみを指す場合、本来であれば「ヒト以外の霊長類(Non-human primate)」と言わなければ正確ではありませんが、日本語として読みづらくなることを回避するため、便宜上「霊長類」と表記していま[…]

 

アクションをお願いします

日本が最大の消費国 ジャコウネココーヒー「コピ・ルアク」の取り扱い中止を求めるアクション [sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/action/stop-kopiluwa[…]

活動分野別コンテンツ

活動報告ブログ

町野義彦が密輸したサル
最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG