オマキザルの一種が打製石器のようなものを作ることが確認された

一般社団法人サイエンス・メディア・センターメールマガジンより

サルによる打製石器のようなもの

オックスフォード大の研究グループは、ブラジルに生息するオマキザルの一種が石を打ち欠き昔の人類が作ったような鋭利な石片を作ることを確認したとの研究成果を発表する。なぜこのような行動をするのかは明らかになっていないという。人類だけが鋭利な石を作製できるわけではないことになるため、この種の石や骨のみで人類の活動の有無を判断することは難しくなったとのこと。論文は20日、Natureに掲載。

▼石の写真も載っている。
http://nature.com/articles/doi:10.1038/nature20112

動画1

動画2

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG