サーカスで虐待された象を使った映画「100歳の華麗なる冒険」

本日、国際的な動物保護団体ADI(アニマル・ディフェンダーズ・インターナショナル)と共同でプレスリリースを公表しました。

11月8日に公開される映画「100歳の華麗なる冒険」に、かつてイギリスのサーカスで激しく虐待されていた象が使われています。この象たちは、現在も同じ調教師とともにヨーロッパで興行をさせられています。

どうか、このような映画は見ないでください。詳細は下記のページと映像をご覧ください。

大英サーカスで虐待される象たち ADIによる内部調査映像:

アクションをお願いします

動物実験施設にサルを空輸するワモス・エアに中止の意見を! [sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/action/wamosair.html target=] ブロイラー[…]

活動分野別コンテンツ

活動報告ブログ

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG