<欧州>薬物動態についても動物実験代替へ~翻訳をアップ

「動物で実験するのでなければ難しい」と言われている分野は幾つかありますが、そのうちの一つ、「薬物動態(吸収・分布・代謝・排泄)」についても動物実験の代替を進めるため、欧州委員会直属の研究機関である「共同研究センター」(JRC)が新しい方法論についてとりまとめた報告書を公表しました。

そのことを伝えているJRCのニュースの翻訳を掲載しました。報告書は専門的な内容ですが、ニュースは「薬物動態って、なに?」がわかりやすいように翻訳をしてくださっていますので、ぜひお読みください。

ちなみに、このJRCのの中に、動物実験代替法の評価研究を行う「EURL-ECVAM」(欧州動物実験代替法評価センター)を置くことが、EU加盟国が守るべき「実験動物の保護に関する指令」によって定められています。

JRCのサイトには、日本とJRCの協業に関する日本語リーフレットのPDFデータがアップされていますが、日本の動物実験代替法評価センター(JaCVAM)との協業を大きく取り上げており、この課題を重視していることがわかります。日本政府側の意識が、ここに追いついていないように感じられるのは残念なことです。

※スケジュールの画像は、専門的なのでほとんど英語のままです。ご容赦ください。
jrc-ecvam-toxicokinetics-strategy_j

アクションをお願いします

日本が最大の消費国 ジャコウネココーヒー「コピ・ルアク」の取り扱い中止を求めるアクション [sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/action/stop-kopiluwa[…]

活動分野別コンテンツ

活動報告ブログ

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG