アジアの主要動物福祉団体180団体の連名で堀井動物園について県知事へ要望書

5月1日、アジアを中心に主要な動物福祉団体約180団体が加盟するAfA連盟(AfA:Asia for Animals coalition)から滋賀県知事に対し、堀井動物園の劣悪な状況に対応を求めるレターが出されました。

日本の展示動物の飼養管理状態が好ましいレベルにないことは、既に動物福祉関係者の間では知られていることかと思いますが、より一層ひどいケースがあることが知られることとなってしまいました。滋賀県知事には、第一種動物取扱業の登録取消へ向け、ぜひ真剣に取り組んでいただきたいと思います。

AfAの公式サイトのほか、展示動物福祉の専門団体であるWild Welfareも要望書について取り上げてくださっています。

PEACEからは、日本語訳を滋賀県県民相談室ならびに生活衛生課、動物保護管理センター宛に送付いたしました。

滋賀県知事 三日月大造殿

堀井動物園の動物福祉に関する懸念について

我々は、動物福祉の問題に関し幅広い知識を持つ国際組織として、アジア動物連盟(AfA:Asia for Animals coalition)を代表し、守山飼育場や野洲飼育場で飼育されている動物たちの状態について懸念を表明いたします。

堀井動物園(もともとは移動動物園)の園長であり所有者でもある堀井嘉智氏は、2015年にめっちゃさわれる動物園を開設しました。リオンは、非常に不適切で小さな檻の中で飼われており、「ショッピングモールのライオン」として知られていました。

2018年12月28日、動物愛護管理法違反のため、堀井氏は大津地方裁判所で罰金の有罪判決を受けました。しかし、堀井氏は大阪高等裁判所に上訴しており、その控訴審は今月中に審理される予定です。

めっちゃさわれる動物園が閉鎖されたことを嬉しく思いますが、堀井氏が飼い続けている1500匹の動物(クマや他の外来種を含む)が守山と野洲の2カ所の飼育場で飼われていることについて非常に懸念を抱いています。報告されている状態はまったく受け入れられません。これらの施設内の管理を改善するために滋賀県の保護管理センターが指導していますが、我々は関係当局によって十分に指導が行われていないことを深く懸念しています。ほとんどの動物は小さな檻の中に積み重ねられており、それらのケアは非倫理的かつ非衛生的であり、何百もの動物にとって非常に貧弱な健康状態と福祉をもたらしています。堀井氏は、日本のボランティア団体PEACEによる全国的な圧力を受け、また、動物たちの状態を改善するための十分な機会を与えられてきましたが、それでも重大な変化はなく、彼のコレクションにさらに動物を購入し続けています。

これらすべての証拠を考慮し、我々は、滋賀県知事および滋賀県の管理担当部局に対し、日本の動物の愛護及び管理に関する法律に定められた動物取扱業を営むための登録を受けないことを保証するよう訴えます。両方の飼育場で動物取扱業の登録取消しをお願いいたします。また、堀井氏が「私有財産」として動物を飼うことはできないように、強く要請します。滋賀の当局は、2カ所の飼育場に残っている動物の数を正確に監視し、国内外の野生生物の専門家の支援を受けて、より適切な施設への移動を確認するよう勧告いたします。

日本には際立った伝統があります。それは自然に対し、深い敬意を払うものです。 2020年に日本がオリンピックを主催することで、世界の注目を集めるでしょう。そして私たちは、権威ある貴殿に、日本の国際的な誠実さを示し、動物に対するこの非人道的扱いを終わらせるよう呼びかけます。

ご返事をお待ちしております。

敬具

以下の団体を代表し、本書状を送付いたしました。
1. Animal Concerns Research & Education Society
2. Animal Guardians
3. Animal People Forum
4. Animals Asia Foundation
5. Big Cat Rescue
6. Blue Cross of India
7. Born Free Foundation
8. Change for Animals Foundation
9. Federation of Indian Animal Protection Organisations
10. FOUR PAWS
11. Humane Society International
12. International Animal Rescue
13. International Fund for Animal Welfare
14. Sarawak Society for the Prevention of Cruelty to Animals
15. Society for Prevention of Cruelty to Animals (HK)
16. The Philippines Animal Welfare Society
17. VShine Animal Protection Association
18. World Animal Protection

※回答連絡先を割愛いたします。
※レターにはさらにこの後ろに、日本を含めた各国から160団体の賛同団体一覧が添付されています。

ご賛同くださいました団体の皆さまに御礼申し上げます。

署名についてはこちら
署名の英語版はこちら

堀井動物園/めっちゃさわれる動物園まとめページはこちら

裁判についてはこちら

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG