TAG

獣医学教育

  • 2019年6月10日

岐阜大学から再度回答ありました。初の改善写真付きでした!

岐阜大学で、動物実験委員会が応用生物科学部学部長あてに実験動物飼養保管施設の抜本的な改善について要望書を提出している件で、4回目の回答について疑問があったので再質問していましたが、回答がきました。 今回は改善写真付きでした。大学等に質問して写真がつい […]

  • 2019年6月5日

北里大学獣医学部で、リタイアする実験犬・猫の譲渡に関する制度が! ビーグル犬が第一号!

先日、私立大の獣医学教育で実習に用いられている動物の数/代替法の採用の有無について投稿した際に、北里大学獣医学部に質問をしているところだということに少し触れさせていただきましたが、既に回答をいただいていまして、その中でとてもうれしいことがわかりました […]

  • 2019年4月8日

<記事紹介>時事通信「動物を傷つけない実習へ 先進的な獣医大2校を訪ねて」

『犬が殺される』を書かれた時事通信・森映子記者による獣医学教育に関する記事が公開されています。生体利用の代替になるツールのクラウドファンディングを行っていた山口大学共同獣医学部と、北里大学獣医学部の参加型臨床実習について、かなり詳しい記事です。獣医学 […]

  • 2019年4月4日

岐阜大学の実験動物飼養施設の抜本的な改善要望について、その後の進捗は特になし

岐阜大学では、動物実験委員会が、応用生物科学部学部長あてに実験動物飼養保管施設の抜本的な改善について、要望書を提出しており、これまで対応状況を何回かに渡り質問してきました。 そういえば以前の回答では、上記の写真の小屋は牛・豚の糞を管理している小屋とあ […]

  • 2018年1月31日

北里大学獣医学部、2018年度前期より犬の外科実習廃止へ 

獣医学教育でもいよいよ始まった5、6年生対象の参加型臨床実習についての記事が、時事通信社の「厚生福祉」という雑誌に出ています(2018年01月05日 第6376号・合併号)。 執筆は、昨年の日本動物実験代替法学会市民公開講座にも登壇くださった森映子記 […]

  • 2017年4月27日

宮崎大学回答 獣医学科実習について計画書の提出漏れ1件との回答

※最初に別タイトルでアップしてしまいましたが、現タイトルに修正いたします。申し訳ありません!   獣医系学部・学科での犬を用いる実習について、各大学の計画書をこちらにアップしていますが、この中で、宮崎大学については非常に簡素な書式が用いられていました […]

  • 2017年4月25日

岐阜大学は、まだ屋外の犬舎に犬が。回答を督促しました

動物施設の老朽化の問題が学内でも問題になっている岐阜大学応用生物科学部ですが、室内の新しい犬舎は3月に完成との回答をいただいていました。 しかし、現在もまだ屋外の犬舎に犬がいます。 屋内の新犬舎のスペックもどのようなものかわからないので聞いているとこ […]

  • 2017年2月5日

岐阜大学の著しい老朽化…動物実験委員会が訴える窮状  

国公立大学の獣医学部・学科での犬の解剖実習(中間報告版)のページの岐阜大学の部分を更新しました。 計画書は3年間有効のようなので、犬舎が屋外である件等と併せ、現在確認中ですが、先に岐阜大学で起きていることについて情報公開で得た資料を公開いたします。全 […]

  • 2017年2月4日

山口大学の犬を用いた実習、計画書がありませんでした  

先日、国公立大学の獣医学部・学科での犬の解剖実習(中間報告版)を公表しましたが、山口大学から回答が来ましたので、更新をしました。 計画書のあった獣医繁殖学実習以外に、解剖学、外科学、内科学における学生実習でイヌを用いた実習を行っているとの回答でした。 […]

  • 2017年1月25日

国公立大学の獣医学部・学科での犬の解剖実習(中間報告版)

先日、海外の団体が日本の獣医学教育における犬を用いた実習の廃止を求めてリリースを公表していました。 そこになぜか「カリキュラムの一部として犬を使用している大学は、日本獣医生命科学大学、北里大学、日本大学、東京大学、岐阜大学、麻布大学である」と書かれて […]

  • 2013年5月18日

各種要望書などを掲載しました

PEACEとして最近提出した要望書などをまとめてアップしました。 1.株式会社マルカンに対し、ハムスターのプレゼント企画にNOの意見書を送りました。(5月11日付) ハムスターのプレゼント企画に対する要望書 2.現在環境省で検討されている指針・基準等 […]

  • 2013年4月30日

獣医学教育の改善・充実、5月12日パブリックコメント締切! 

ご案内が遅くなってしまいました、獣医学教育の改善に関するパブリックコメント、5月12日が締め切りです。 動物福祉に関する教育・研究の充実、動物を用いる実習・実験の代替などについて、ぜひご意見をお送りください。 対象となっている文書はこちらです。 「こ […]

  • 2013年3月31日

獣医学教育の改善は、4月にパブリックコメント

火曜日に、「獣医学教育の改善・充実に関する調査研究協力者会議(平成23年度~)」の第11回がありました。「これまでの議論の整理(案) ~教育改革の進捗状況と獣医師養成の在り方について~」というドキュメントが配布され、4月に、これに対するパブリックコメ […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG