麻布大学のオオカミの論文の訂正、1年経ちましたが対応されず

麻布大学の、飼育下のオオカミの行動に関する論文について訂正の回答をもらっている件ですが、まだScience誌のサイトを見ると対応されていません。

回答からちょうど1年経った4月に、改めて麻布大に問い合わせたところ、「菊水教授より,数度にわたりましてScience誌へエラータムを申請しているところでございますが,現時点では反映されておりませんことをお伝えいたします」との回答がありました。

これまで3回申請しているそうです。

・2017年4月24日付け
・2018年1月23日付け
・2018年4月23日付け

オオカミの数が4匹に減っても論文として成り立つのかが気になっているわけですが、雑誌の対応って遅いのですねえ。

とりあえずのご報告です。

参考:

アクションをお願いします

動物実験施設にサルを空輸するワモス・エアに中止の意見を! [sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/action/wamosair.html target=] ブロイラー[…]

活動分野別コンテンツ

活動報告ブログ

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG