またしてもマツカサトカゲ密輸。オーストラリアで日本人の男二人逮捕 

またオーストラリアで日本人逮捕です。逮捕されたのは、51歳と28歳の日本人の男2人で、今月5日、オーストラリアにのみ生息する野生のマツカサトカゲ13匹をスーツケースに入れてマレーシアに持ち出そうとしたところをパース空港で逮捕されました。オーストラリア国境警備隊は、ここのところ続いていた他の3件の摘発事件と関係があるとし、組織的な犯罪シンジケートの関与を疑っています。

オーストラリア国境警備隊のプレスリリースによると、13匹全て生きていたが健康状態が良くないものもいた。容器の中に水や食べ物もない。違法であるだけでなく、残酷で非人道的だと述べています。


追記

その後、7月30日づけの報道によると、この2人の日本人男性は2人とも、密輸と動物虐待の罪により5カ月の刑を宣告されたとのことです。動物虐待罪もきちんとついているところがすごいです。刑は逮捕時から効力を発し、少なくとも2カ月間は刑務所で服役しなければならず、その後オーストラリアから強制送還されるだろうとあります。

マツカサトカゲは発見時は全て生きていましたが、結局死んだものもおり、それ以外も健康状態が良くないそうです。

Source: The Australian Border Force Image Library

アクションをお願いします

日本が最大の消費国 ジャコウネココーヒー「コピ・ルアク」の取り扱い中止を求めるアクション [sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/action/stop-kopiluwa[…]

活動分野別コンテンツ

活動報告ブログ

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG