PEACEからのお知らせ ふれあい 特定動物

めっちゃさわれる動物園のリオンくんが今いる施設に立入があったが檻を見ただけ

投稿日:


▲めっちゃさわれる動物園にいたころのリオンくん(流血写真が広まった直後の2017年7月)

去年6月、流血の写真がネットで広まり知られることになった「めっちゃさわれる動物園」のライオンのリオンくん。その後8月に移された先の施設に、先月立入がありました。

実は、今年の夏の酷暑があまりにひどかったため、死んだりしていないか、特定動物の業務を所管する保健所に確認したところ、特に死亡の届などは出ていないが、立入でも確認するようにしますとのことでした。

……しかし、先月実際に立入りが行われた際には、なんとほかの特定動物の更新時期だったから立入をしただけで、ライオンは檻があることを確認しただけだったということが発覚……。

ライオン自体は見ていなかったんです!! 愕然。

「ちゃんと飼われてました」と言っていたのが何を意味しているのかと思いきや、「(特定動物の)許可は檻に対するものですから」という究極の役人発言。動物見ずして檻だけで「ちゃんと」と言ってしまう千葉県にはガックリです。(そうなんです、これも千葉県!!)

実は今年に入ってから、別件でも千葉県の職員が違法業者について「やる」と言ったことを放置していて激怒したのですが、あれは野生動物の部署…。もう動物愛護だけの問題じゃないんです、千葉県。

できないなら最初からやるとか言わなければいいのに。

それに、そもそも十分と言い難い施設で飼っているのに、「ちゃんと」などといういい加減な表現も使わないでいただきたいものです。

リオンくんは再び額から出血していた

確認してほしかったのは、リオンくんの額の出血です。

リオンくんは、現在は動物商の施設内にいるものの、許可は形式上、個人での預かりとなっています。動物取扱業者として許可を受けているわけではないので、情報公開請求では開示される部分が限られます。また、千葉県の開示度が、そもそも非常に低い。

なので、もろもろのことからリオンくんで「ほぼ確定」としか言えなかったのですが、その後、情報提供があり、写真でその後のリオンくんの姿も確認できました。

そのとき驚いたのは、額に出血したのが生乾きの痛々しいカサブタがあったことです。

去年8月に急にリオンくんがバックヤードに隠されてから今の施設で落ち着くまでの間に、いつの時点でかはわかりませんが、再び額から出血していたことが、それでわかりました。

再び出血した時期も状況も不明ですから何とも言えませんが、いっとき治ったとしても、再び出血に至るようなリスク(写真のときは頭を打ち付けていた)をリオンくんは抱えているのではないかと心配です。幼くして母親から引き離されて人工保育された場合、心身への悪影響は生涯にわたるということも既にわかっています。

しかし、立入権限のある自治体は、動物の健康には興味なし。

本当に業者天国で、言葉もありません。

▼扉のペンキのハゲとリオンくんの顔の高さが同じ。(めっちゃさわれる動物園にて)

◆ブログの更新通知をメールで受け取ることができます
メールアドレスを記入して「購読する」ボタンを押してください。登録用メールが届きますので、承認URLをクリックして登録してください。

-PEACEからのお知らせ, ふれあい, 特定動物
-

Copyright© PEACE 命の搾取ではなく尊厳を , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.