【中止決定!】埼玉県:どうぶつふれあい列車中止の意見をお願いします

※下記の件、埼玉県の担当課から、列車に動物は乗せないとの回答がありました!
ご協力をありがとうございました。
 詳細はこちらをご覧ください。


以前にも、走行する電車に動物を乗せて「ふれあい」をするという企画があり、大変驚いたことがありますが、またしても開催という情報をいただきました。

  • どうぶつふれあい列車「埼玉県こども動物自然公園号」の参加者を募集します(既にリンク切れ)

実施は10月21日で、既に参加者の申し込みは済んでいますが、中止のご意見をぜひ送ってください。

動物の輸送ストレス(揺れや振動だけでなく音などもストレス源)を考えず、さらに同時に見知らぬ人間に体をいじらせるというのは、いったいどういう感覚なら思いつくことなのかと思いますが、しかも県立の動物園が関わるなんて驚きました。巷にあふれる民間の怪しいイベントと同じか、それより悪いのでは?

動物たちの心配もありますが、子どもの教育の問題も心配です。ちょっと動物をオモチャにしすぎですね…。

またそもそも、コアラが30頭になった記念なのに、肝心のコアラを列車に乗せないのはなぜなのか?と考えてみると、この企画の矛盾ぶりがわかるのではないでしょうか。コアラはストレスで死んだら大変だけどモルモットやウサギはいい? 子どもたち、理解できるでしょうか。

※企画中止されましたので、メールフォームへのリンクを閉じました。

意見をよろしくお願いします。

埼玉県メール送信フォーム:

知事への提言送信画面

東武鉄道にも。

  • お問い合わせ、ご意見・ご要望の受付

 

関連記事

移動動物園自体が動物たちにストレスをもたらすイベントですが、さらに驚くのは、列車の中で動物に触らせるイベントが、電鉄会社などによって時折告知されることです。 人間は列車が何なのか知っていますし、何時間で下車できるか理解した上で参加する[…]

アクションをお願いします

動物実験施設にサルを空輸するワモス・エアに中止の意見を! [sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/action/wamosair.html target=] ブロイラー[…]

活動分野別コンテンツ

活動報告ブログ

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG