改正動物愛護法2年目の施行へ向けて動物取扱業者の飼養管理基準が策定されようとしています。犬猫以外の動物にも福祉基準を!

イルカふれあいプールでの事故例:イルカの衝突で骨折、後遺症も

癒しが宣伝文句になっているイルカとのふれあいですが、当然危険な側面もあります。日本のイルカふれあい施設で起きた事故例をご紹介します。

接触事故が起きたのは、和歌山県太地町の「シーサイド一乃湯ホテル」(その後「ホテルドルフィンリゾート」に改称)で、宿泊事業については平成26年11月4日で終了しています。裁判については大阪のワールド牧場が当事者となるようでしたが、詳細はわかりませんでした。

「イルカで骨折、和歌山のホテルを訴え-岡山の主婦」毎日新聞2003年6月
「イルカと衝突、後遺症残った」 和歌山・太地町のホテルに主婦が賠償提訴 - 毎日新聞 2003年6月 和歌山県太地町 シーサイド一乃湯ホテル ホテル・ドルフィンリゾート 半年 骨折 感覚がまひ ワールド牧場

この事故についての裁判は、当時英語でも報道されました。

Woman sues hotel over dolphin blow
2003.06.07

OKAYAMA — A woman has sued a hotel for injuries she sustained during a swimming pool attraction enabling guests to “come in contact with dolphins.”

The woman, 37, from Okayama, whose name is being withheld, and her relatives stayed at the Taiji Seaside Ichinoyu Hotel at the southern tip of the Kii Peninsula in Wakayama Prefecture in July last year.

While she was swimming in the hotel’s pool, one of three dolphins smashed into her back, breaking several bones in her ribcage and back, the suit says. She sought medical treatment from doctors for some 6 months after the accident.

The woman now demands in the suit that the hotel pay some 2.8 million yen in damages as she insists that she still suffers from numbness in her lower back.
(Mainichi Shimbun, Japan, June 7, 2003)

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG