アニマルウェルフェアに関する今後の取組みについて公開質問状

OIE(世界動物保健機関/国際獣疫事務局)は日本国政府も加盟する国際組織ですが、現在、畜種ごとに動物福祉に関するコードを順次定めていっています。

先日当ブログでもご報告しましたが、これまでの「アニマルウェルフェアと肉用鶏生産方式」「アニマルウェルフェアと肉用牛生産システム」に加え、2015年5月に「アニマルウェルフェアと乳用牛生産システム」のOIEコードが採択されました。

このことを受け、7月21日付けで、NPO法人アニマルライツセンターヘルプアニマルズと連名で、公開質問状を農林水産省へ送付しました。国際的な規約として策定されたOIEコードを日本でも守ってもらいたいというのが質問の主旨です。

質問の内容は以下のページに掲載いたしましたので、ぜひご覧ください。

(とりまとめをしてくださいましたアニマルライツセンター様に感謝いたします)


追記:
8月13日、回答がありました。こちらをご覧ください。

 
milkfarm_tokyo

アクションをお願いします

動物実験施設にサルを空輸するワモス・エアに中止の意見を! [sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/action/wamosair.html target=] ブロイラー[…]

活動分野別コンテンツ

活動報告ブログ

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG