動物愛護管理基本指針改正のパブリックコメント、締め切りは2月28日です!

国が定める動物愛護管理基本指針(正式名称は「動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針」)の改正について、パブリックコメントが行われています。

この指針は、日本の動物愛護に関する施策の方針について定める重要な指針で、例えば殺処分数については10年ごとに期間を区切って数値目標等が定められています。また概ね5年ごとに見直しが行われることになっており、今回は2020年の動物愛護法改正施行に合わせて改訂されます。

そして各自治体が、この指針を参考に動物愛護管理推進計画を改訂します。

また、環境省がときどき行っている施策の実施状況の点検も、この指針に沿ったものとなっています。

今後10年間の行政の取組みを決める非常に重要なパブリックコメントですので、ぜひご意見をお送り下さい。

経緯

国会議員が動物愛護法改正について検討を進めている間もずっと、環境省の動物愛護部会では、この基本指針の見直しについての検討を行っていました(第44~50回)。その取りまとめがされた文書が平成30年(2018年)12月に出された「動物愛護管理をめぐる主な課題への対応について(論点整理)」です。

この内容を踏まえ、さらに改正された動物愛護法の内容も反映させたものが、今回のパブリックコメントの素案になっています。

以前の指針より一歩踏み込んだ内容になっている部分もあり、今後の実現に期待するところではあるのですが、やはり言いまわし等に疑問符がつく部分も多く、PEACE、JAVA、ARCの3団体では、素案の前の段階の骨子案が出た時点で環境省へ要望を提出するとともに、動物愛護法改正に関わった国会議員などへも働きかけを行ってきました。

その結果、素案(パブリックコメント案)に反映された部分もありますが、まだ足りない部分や、疑問に思う言い回しも多くあります。

指針自体が長いので、意見書も大変長くなっていますが、下記を参考に是非ご意見をお送りください。拡散もお願いいたします。

この素案に対する意見を環境省に送ってください

意見対象文書➡【別添】改正動物愛護管理基本指針素案

こちらの意見も参考にご意見をお送りください

PEACE、JAVA、ARCで送付した意見➡改正動物愛護管理基本指針素案に対する意見

意見提出について

締切:

令和2年2月28日(金)
(※郵送の場合は、令和2年2月28日(金)必着)

応募要項等詳細:

意見提出方法:

下記の【意見提出様式】により、次のいずれかの方法でご提出ください。

[1]郵送による提出の場合
宛先 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室

[2]FAX
FAX番号 03-3508-9278

[3]電子メール
電子メールアドレス shizen-some@env.go.jp

※送信フォームもあります➡e-Govのパブリックコメントページ(最下部に送信フォームへのリンクボタンがあります)

※電子メールで提出する場合は、メール本文に記載してテキスト形式で送付してください。(添付ファイルによる意見の提出は不可)

【意見提出様式】

[宛先] 環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 御中
[件名]改正動物愛護管理基本指針素案に対する意見

[氏名] (企業・団体の場合は、企業・団体名、部署名及び担当者名)
[〒・住所]
[電話番号]
[FAX番号]

[意見]
・該当箇所(どの部分についての意見か、該当箇所がわかるように明記してください。)
・意見内容
・理由(可能であれば、根拠となる出典等を添付又は併記してください。)

※電話での意見提出は不可。
※意見は、日本語でご提出ください。

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG