TAG

2019年動物愛護法改正

  • 2021年3月17日

犬猫業者基準の解説について検討開始~動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会(第8回)傍聴メモ

環境省の「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」が再び始動しています。 今年6月1日、改正動物愛護法の2年目施行がありますが、それへ向け、犬と猫を取り扱う業については数値基準等が定められ、パブリックコメントを経て、新しい飼養管理基準に関する省令の […]

  • 2020年11月8日

動物取扱業者の飼養規準、パブリックコメントへ意見を! 11月17日締切【終了しました】

こちらのパブリックコメントは終了しています。 大変遅くなりました。11月17日締切で、環境省が新しい動物取扱業者の飼養管理の基準についてのパブリックコメントを実施中です。来年の6月1日に施行されるものです。 今回の環境省のパブリックコメント案の構成は […]

  • 2020年10月2日

「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」が犬猫基準をとりまとめ

第7回検討会を経て、取りまとめ文書が公表されている 「犬猫以外の動物にも業者基準の強化を! #置き去りにされた動物たち 」の呼びかけとご報告が前後してしまい申し訳ありません。 8月12日、環境省の「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」の第7回を […]

  • 2020年9月15日

犬猫以外の動物にも業者基準の強化を! 環境省に意見をお送りください

※追記:この件については、下記のパブリックコメントが実施され、もうすぐ犬猫だけが強化された新しい基準が決定します。犬猫以外の動物については、検討するということだけが決まっていて、どういうスケジュールになるかなどは決まっていません。引き続き環境省に規制 […]

  • 2020年8月3日

2019年改正動物愛護法解説:動物愛護推進員は委嘱が努力義務に

動物愛護推進員(第三十八条):委嘱が努力義務になりました ※下線部が改正箇所。 (動物愛護推進員) 第三十八条 都道府県知事等は、地域における犬、猫等の動物の愛護の推進に熱意と識見を有する者のうちから、動物愛護推進員を委嘱することができる。 (動物愛 […]

  • 2020年8月2日

動物愛護法、2年後・3年後施行の施行日も6月1日に決定

2019年改正の動物愛護法は、主な施行が3段階になっています。第一段階目の、公布後1年の施行は、今年の6月1日でした。 来年以降の、2年目・3年目施行については施行日が正式には決まっていませんでしたが、ともに6月1日になることが閣議決定されたとのこと […]

  • 2020年7月12日

犬猫以外はどうなるのか未だに全く触れられず… 第6回 動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会

一昨日(7月10日)、第6回 動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会を傍聴してきました。公表された「適正な飼養管理の基準の具体化について 飼養管理基準として定める事項(案)」は、下記に全体をアップしましたので、ご参考ください。 環境省から悪質な業者 […]

  • 2020年6月1日

改正された動物愛護管理推進基本指針も本日施行です

パブリックコメントへの意見提出をお願いしていました「動物愛護管理推進基本指針」(正式名称は「動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針」)についても、4月30日に公布がされており、本日6月1日施行となっています。 環境省からの […]

  • 2020年6月1日

本日、改正動物愛護法施行! 動物虐待の罰則が強化され、特定動物の愛玩飼養禁止等も実現

昨年改正された動物愛護法が、いよいよ本日(6月1日)、施行されます! 動物殺傷罪の上限は懲役5年または罰金500万円となり、ようやく器物損壊罪より重くなります。(ブログも参考ください) そして、本日からいよいよ特定動物の愛玩飼養も禁止されます。駆け込 […]

  • 2020年5月28日

もうすぐ、改正動物愛護法の施行! 動物虐待罪の罰則が強化されます

去年改正された動物愛護法の1年以内施行分が、いよいよ6月1日から施行されます。 (注:業者基準や犬猫生後8週齢規制、販売犬猫のマイクロチップ義務化等は、まだ来年以降の施行です。) 改正法の内容については、こちらのページにまとめたものを載せています。詳 […]

  • 2020年3月2日

本日3月2日、特定動物の交雑種の愛がん飼養について経過措置が施行されました

先日、環境省が動物愛護法施行規則等の改正の公布を公表しました。施行規則の改正箇所の見え消し版も公表されています。ほかの告示類については、条ズレなどだけの改正でした。 パブリックコメントの結果について、先日の部会報告も兼ね、また追ってご報告します。 環 […]

  • 2020年2月9日

動物愛護管理基本指針改正のパブリックコメント、締め切りは2月28日です!

国が定める動物愛護管理基本指針(正式名称は「動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針」)の改正について、パブリックコメントが行われています。 この指針は、日本の動物愛護に関する施策の方針について定める重要な指針で、例えば殺処 […]

  • 2020年1月4日

2019年改正動物愛護法解説:引取りの拒否が所有者不明の犬猫にも

犬及び猫の引取り(第三十五条~): 所有者不明の犬猫の引取りを拒否できる場合等が規定されました ※下線が改正部分。 (犬及び猫の引取り) 第三十五条(略) 3 第一項本文及び前項の規定は、都道府県等が所有者の判明しない犬又は猫の引取りをその拾得者その […]

  • 2020年1月4日

2019年改正動物愛護法解説:罰則の強化

罰則(第四十四条~): 動物殺傷罪の上限が懲役5年又は500万円以下の罰金に上がるなどしました ※下線が改正部分。 第六章 罰則 第四十四条 愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。 2 愛護動物に対し […]

  • 2020年1月1日

【謹賀新年】お正月は、動物愛護法施行規則等のパブリックコメントへの意見送付をお願いいたします!

新年あけましておめでとうございます。 昨年は動物愛護法改正が成立し、活動にとっては一つの節目の年でした。積み残し課題として、附則に実験動物を扱う施設を動物取扱業に含めることや、代替・削減のあり方について検討し、必要であれば措置を講じることという内容が […]

  • 2019年12月31日

2019年改正動物愛護法解説:関係機関との連携に畜産部局・公衆衛生部局等も追加

地方公共団体への情報提供等(第四十一条の四): 関係機関との連携に畜産部局・公衆衛生部局等も追加されました (地方公共団体への情報提供等) 第四十一条の四 国は、動物の愛護及び管理に関する施策の適切かつ円滑な実施に資するよう、動物愛護担当職員の設置、 […]

  • 2019年12月31日

2019年改正動物愛護法解説:犬猫販売時にマイクロチップ装着の義務化

犬及び猫の登録(第三十九条の二~第三十九条の二十六): 犬猫販売時にマイクロチップ装着が義務化されました ※新設条文がとても長いので、どういう条項が設けられたかのみ掲載しました。   第四章の三 犬及び猫の登録 (マイクロチップの装着)  第三十九条 […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG