全国の主なペットオークション(生体市場)MAP

市場に流通している犬の5割~6割がペットオークション(生体市場、競り)を経由しているとも言われていますが、どこで行われているか、場所すらあまり知られていないのではないかと思い、Googleマップに把握できた範囲で情報を落としてみました。

オークションの様子自体については、渡辺眞子さんや成田司さんの以下の記事や、朝日新聞の太田匡彦記者の本『犬を殺すのは誰か ペット流通の闇』(朝日文庫)などをご参照ください。動物が野菜などと同じように扱われていることに衝撃を受けますが、これが店頭での生体販売の裏に隠された現実であり、店頭販売自体をなくしていくべき理由の一つだと思います。

犬猫流通経路

ちなみに、どんなところか、外観はGoogleストリートマップで見ることができます。

●Googleストリートマップで外見を見ることができるオークション会場

※動物種と数字は、自治体の登録簿に記載されている内容です。数は、一度に取扱う最大数になります。一部未調査ですが、わかり次第更新します。

以下は、現時点でGoogleストリートマップからは見えませんでした。

  • 静岡ペットパーク 浜松市 犬250、ねこ50、ウサギ50
  • 東京ペットパーク 埼玉県 犬150、猫30
  • B&Bペットパーク 埼玉県 犬120、猫30

参考文献:株式会社富士経済(2013)『2013年 ペット関連市場マーケティング総覧』

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG