動物の輸入と感染症法:動物園の宣伝文句も、どこまで本当かわからない 

先日、合法なげっ歯類の輸入はこれだけしかない!ということをブログでご紹介しました。

このことを取り上げたのは、珍しい種がいろいろ売られているけれども、密輸が推定できるものも結構あるのではないかと思ったからです。

そう思って調べていたのですが、例えば上記のデータではアグーチは、2013年にアザラアグーチが、2011年にウサギアグーチが輸入されたのが最後になっています。しかし、2015年にヨーロッパから入れたと(正式なリリースではなく)Facebook投稿で書いている施設があります。(珍しい動物であり、宣伝になると嫌なので園名は伏せます)

この表現を読むと、このとき(2015年)に、この施設が(間に輸入業者が入っていることはあるかもしれないが)直接ヨーロッパから輸入したように読めます。そして、亜種名までは書かず、アグーチとしか書いていない。電話で最初に問い合わせたときも、調べてもらったうえで、「ただのアグーチ」という回答だったので、亜種名がわからないということは、正規輸入はあり得ないのではないかと厚生労働省にも伝えました。

そうしたところ、副園長が直接説明するからという回答が厚生労働省からあり、再度、園に連絡をしました。

すると、この園にいるアグーチはグリーンアグーチであり(つまりアザラアグーチのことです)、国内の業者から購入したものだとのことでした。ほかの動物も全て亜種名までは書いておらず、アグーチはこの園が2015年に直接ヨーロッパから入れたわけではないとのことで、輸入から2年後に最終的な展示施設に流れ着いただけでした。

動物園の、それっぽい宣伝文句もどこまで信用できるかわからないなー!と感じました。

この園にいるのは、おそらく2013年に正規輸入されたアザラアグーチですが、輸入した業者から直接買ったわけではなく、間に他の業者(もしかしたら複数)が介在しているようでした。もちろん、どこかは言えないとのこと。公立の動物園は取引先は開示してくれますが、私立はそういったことを言わないのはふつうです。

密輸ではありませんでしたが、売買される動物たちの生々流転を感じました。

アクションをお願いします

日本が最大の消費国 ジャコウネココーヒー「コピ・ルアク」の取り扱い中止を求めるアクション [sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/action/stop-kopiluwa[…]

活動分野別コンテンツ

活動報告ブログ

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG