動物実験

ピアスグループ、動物実験を長期間無届で行っていました! 刑事告発します

投稿日:2018年9月22日 更新日:

化粧品の動物実験廃止を求めて「美しさに犠牲はいらないキャンペーン」にてアクション展開中ピアスグループですが、一連の動きの中で、なんと兵庫県の動愛条例に基づく動物実験施設の届出の義務を怠っており、長年違反状態であったことが判明しました!

もちろん、私たちがピアスグループに求めているのは、あくまで化粧品のための動物実験廃止です。動物実験施設は化粧品会社にとって不要なものであり、実験廃止の決断をしていただくことを優先して交渉を試みてきましたが、度重なるアプローチにも応える姿勢が一向に見られなかったため、長期間にわたる条例違反という事の重大性も鑑み、刑事告発をする決定をしました。

全国で唯一、実験動物の適正飼育や公衆衛生の問題から動物実験施設に届出制を設けている兵庫県の先進性に長年泥を塗ってきた企業があったことも非常に残念です。(兵庫県の条例の条文抜粋はこちら、条例制定の趣旨は今年3月の院内集会で配布させていただいた兵庫県の資料をご参照ください。)

詳細は、美しさに犠牲はいらないキャンペーン実行委員会(CFB)以下の記事をご覧ください。

この件につきましては、昨日プレスリリースを出し、既にオルタナSが報じてくださっています。

化粧品の動物実験廃止を求めるアクションに、より一層のご協力をよろしくお願いいたします!
ピアスグループに反省と改善を求めましょう!

Change.orgキャンペーンページへの投稿全文

ピアスグループ、動物実験を長期間無届で行っていた!条例違反で刑事告発に踏み切ります

2018年9月21日 —
ピアスグループに化粧品の動物実験廃止を求める署名にくださり、誠にありがとうございます。

このたび、私たち『美しさに犠牲はいらないキャンペーン実行委員会(CFB)』は、ピアスグループが兵庫県に対して必要な行政手続きを、最大で25年にわたって、怠ってきたことが判明したため、兵庫県の「動物愛護及び管理に関する条例」第25条違反でピアスグループを刑事告発することといたしました。

1993年(平成5年)に施行された同条例では、実験動物を飼養保管する施設に対し、施設の見取り図や実験動物の種類、頭数等の情報について届出義務を課していますが、同社は神戸市にある「ピアスグループ中央研究所」(1992年設立)についてこの届出をせずに長年放置してきたものです。

私たちCFBがこのキャンペーンの一環として、9月12日、「ピアスグループ中央研究所」がこの条例に基づく届出を行っているかどうか兵庫県に問い合わせたところ、18日、届け出が行われていないことが判明しました。

15日に「ピアスグループが近日中に動物実験方針をウェブサイトに掲載する」という情報を得て以降、「動物実験廃止という決断をしてほしい。私たちCFBに対してもきちんと応答してほしい」と、ピアスグループの担当部署に連日電話し、私たちの意向を伝えてきました。

18日に条例違反の事実をつかんでからも、ピアスグループに対し私たちCFBと公式にコミュニケーションをとるよう提案するなど、ぎりぎりまで対話と解決に向けた努力を重ねてきました。

しかし、残念ながら、これら度重なるアプローチに応える姿勢が一向に見られなかったため、条例違反という事の重大性も鑑みて、あえなく今回刑事告発の決定に踏み切りました。

今後の動きについては、随時こちらのコーナーで報告させていただきますので、引き続きこのキャンペーンを拡散し、化粧品の動物実験の廃止に向けて力を貸してくださるよう、どうぞよろしくお願いします。

私たちCFBの見解

ピアスグループは、動物実験をめぐる国内外の動向や世論を承知しているにもかかわらず、私たち動物保護団体からの働きかけを一切無視してきました。ここにきて、無届で動物実験という長年の不法行為が発覚し、同社の企業姿勢は極めて悪質だと言わざるを得ません。数少ない関連法規を把握していなかったことも驚くべき失態です。消費者からの信用を取り戻すには、化粧品の動物実験を一刻も早く廃止することが不可欠であると考えます。

ピアスキャンペーンのページへ

◆ブログの更新通知をメールで受け取ることができます
メールアドレスを記入して「購読する」ボタンを押してください。登録用メールが届きますので、承認URLをクリックして登録してください。

-動物実験
-

Copyright© PEACE 命の搾取ではなく尊厳を , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.