PEACE活動報告ブログ

米国ウォルマートがバタリーケージ廃止へ 系列の西友は取扱ゼロ…

結局1年間の猶予が認められたものの、EUでは既に2012年に禁止されている採卵鶏のバタリーケージ。

この非常に狭いスペースでの過密飼育形式に対する廃止の声はアメリカでも挙がっており、州法やフードチェーンの取り組みなどが進んできています。

先日は、米国小売り最大手(シェア25%)のウォルマートが、2025年までにバタリーケージで飼育された鶏から得る卵の扱いを全面的に廃止するとの宣言を行いました。

この、いわゆる「ケージフリー」への移行は、全米のチェーン店全4600店とサムズクラブの650店が対象となるそうですが、もう議論の余地はないほどに今後の方向性を決定づけたと評価されています。

しかし、世界最大手でもあるウォルマート、日本には影響を及ぼさないだろうか?と期待も寄せつつ、日本で系列となっている西友に問い合わせてみたところ、

「西友では、現在、ケージフリーの卵の取扱いはございません。
今後につきましては、お客様のニーズを聴きながら検討していく方針です。」

との回答でした。

確かに日本での金額シェアベースでは1%にも満たない状況で(下記研究参照)、あまり期待はできないことかとは思いますが、取扱ゼロとはあまりに差がありすぎ、驚きました。

流通が取り組んでいないということは、もちろん消費者が買わないという問題もありますが、流通が価値を示して売っていくことで売れるものもあります。

ぜひ西友に一言、「ウォルマート系列としてバタリーケージでない卵を売ってほしい」「鶏が狭いケージで苦しんでいない卵が食べたい」と要望をお寄せください。

■ウォールマート系列の西友へぜひ要望を


▼ウォルマートUSは画期的宣言

ウォルマート リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加