日本に試験研究用の犬と猫を輸出している生産施設マップ、さらに更新

日本に動物実験用の犬と猫を輸出している生産施設の一覧をこちらのページに掲載しましたが、農林水産省が公表しているリストに古いと思われる施設が掲載されていたため、削除したほうがよいのではないかと情報提供したところ、回答がありました。

下記の2カ所の施設は削除になったとのことです。外交ルートを通じて確認してくれました。

  • ハーラン スプラグ ドーレイ社 223エイチビービルディング(Harlan Sprague Dawley, Inc. Building 223HB)
  • ハーラン スプラグ ドーレイ社 223エスビービルディング(Harlan Sprague Dawley, Inc. Building 223SB)

2021年1月19日付けで、農林水産省のリストも更新されました。

ちなみに、ハーラン スプラグ ドーレイ(Harlan Sprague Dawley)は2008年頃に ハーランラボラトリーズ(Harlan Laboratories)に名前が変わり、さらにハーランラボラトリーズは2015年に、ハンティンドンライフサイエンス(Huntingdon Life Sciences)との合併によりエンヴィーゴ(Envigo)になりました。

動物実験によく使われるSDラットのSDはSprague Dawleyの略なので、現在も系統名には名残りがあります。

また、旧リバティー リサーチ社(Liberty Research, Inc.)の名称もエムビーアールウェイバリー社(MBR Waverly, LLC)に変更になっているので、マップに反映させました。

関連記事

犬と猫の輸入は検疫の対象ですが、試験研究用(動物実験用)の場合には特例が定められています。農林水産省が指定する施設からの輸入であって一定条件を満たしている場合には、180日以内の係留検査が不要となり、輸入時の係留期間を12時間以内におさめる[…]

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG