たまご 卵 玉子 タマゴ

OIE採卵鶏福祉コード最終案に対する日本政府意見があまりに残酷

たまご 卵 玉子 タマゴ

OIE(国際獣疫事務局)が策定作業中で、今年5月に採択予定の採卵鶏の福祉コード最終案について、先日、日本の動物保護団体が連名で要望書を提出したことをご報告しました。

その後、日本政府がOIEに対して提出した意見が農水省のサイトで公表されていますが、あまりに酷い。

第7.Z章アニマルウェルフェアと採卵鶏生産システムについては、日本政府は、下記のようにOIEに要望しています。

  • 第7.Z.4条 採卵若雌鶏及び採卵鶏に係る勧告については、「多様な飼養システムを容認する内容になっており、日本はこの修正を支持する。
    ⇒つまり、バタリーケージOKを歓迎しているということ。
  • 第7.Z.9条 床については「採卵若雌鶏と採卵鶏の移動を適切にサポートし」から「の移動」を削除、「正常な行動を可能に」を削除
  • 第7.Z.10条 砂浴びの区域については「砂浴びを促進するために砕けやすい乾燥した敷料にアクセスすることが望ましい」を削除
  • 第7.Z.11条 ついばみの区域については「ついばみを促進する敷料へのアクセスが望ましい」を削除
  • 第7.Z.12条 営巣の区域については「営巣の区域へのアクセスが望ましい」を削除
  • 第7.Z.13条 止まり木については「止まり木へのアクセスが望ましい」を削除

削除、削除、削除。

つまり、鶏本来の行動を発現できるようにする定め(それこそ「ウェルフェア」なのですが!)は全て削除するように、日本政府は意見を出しました。

確かに日本の業界は全く対応できていないにしても、「望ましい」まで削除させようなんて、残酷過ぎませんか。何のためにウェルフェアコードをつくるのですか。

12月18日に農水省が開催したOIE連絡協議会を傍聴したスタッフも、「あの会議の内容からどうしてこんな意見案になるのか、とてもおかしい」と言っています。会議の場ではないところで意見がつくられています。

もちろんOIEが日本の意見を採用するとは限りませんが、あまりにやる気のない日本政府に対し、憤りを感じます。

参考

OIE採卵鶏福祉コード最終案への要望書に賛同しました&令和元年度第2回OIE連絡協議会

アクションをお願いします

日本が最大の消費国 ジャコウネココーヒー「コピ・ルアク」の取り扱い中止を求めるアクション [sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/action/stop-kopiluwa[…]

活動分野別コンテンツ

活動報告ブログ

たまご 卵 玉子 タマゴ
最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG