堀井動物園の第一種動物取扱業の登録取消しを求める署名を提出してきました!

堀井動物園園長の動物愛護法違反(特定動物の無許可飼育)での有罪が確定したことを受け、12日、堀井動物園の第一種動物取扱業の登録取消しを求める署名を滋賀県へ提出してまいりました。

滋賀県で動物愛護の活動にも取り組んでいらっしゃる小川やすえ県議(チームしが県議団)が同席くださり、滋賀県の川﨑辰巳健康医療福祉部部長に直接、17,861名分の思いを手渡すことができました。本当にありがとうございました。

また、同健康医療福祉部生活衛生課の奥田康博課長と、以前動物保護管理センターで堀井動物園の立入・指導を行ってくださっていた生活衛生課の担当の方も同席くださいました。(実は、この担当の方がセンターにいらした時代は指導も頻繁で記録がしっかりしており、堀井動物園の特定動物無許可飼育を立件につなげることができたのは、この記録があったためでした。)

署名開始時点から状況が変化した点として、堀井動物園園長の有罪確定だけではなく、同園が「株式会社HORII ZOO」という法人を新たに立ち上げ、さらにその名称を「株式会社ジャクソンズ」に変更、既に地方ではその名称で移動動物園を行っていることもあり、業取消しの行政処分が適切に行われることだけではなく、実態は変わらないのに法の抜け道を使って営業が続くことのないよう、短い要望書もつくり、署名に添えて提出をいたしました。

もし行政処分がある場合は公表となるそうですが、行政として、まず有罪の事実関係の確認もしなければならないとのことで、判断にはまだ時間がかかるものと思われます。

署名は、最終的な締切を決めていない状態ですが、継続していきます。引き続きの拡散をどうぞよろしくお願いいたします。 ※終了しました

移動動物園「堀井動物園」の第一種動物取扱業の登録取消しを求める署名

追記

2020年5月28日、堀井動物園の第一種動物取扱業の登録取消しが行われました。これに伴い、署名を終了させていただきました。ご協力を誠にありがとうございました。

詳しくはこちらをご覧ください。

堀井動物園問題の経緯

裁判の経緯はまとめページから経過をたどれるようにしてあります👇

全体の問題はこちら👇

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG