東京都の「象牙取引規制に関する有識者会議」は次回開催予定未定で延期中

東京都が「象牙取引規制に関する有識者会議」を立ち上げ。5月に取りまとめ予定

こちらに掲載した東京都の「象牙取引規制に関する有識者会議」ですが、新型コロナウイルスの影響により第2回の開催は延期されており、次回開催未定です。

オリンピック・パラリンピック自体が来年に延期されていますので、5月予定だった取りまとめ自体も延期されています。時期は、やはり未定。

東京都は、これまでの間に、都内の登録業者に在庫に関するアンケート調査を行っていました。その結果も、第2回で公表される模様です。

「象牙市場の実態調査」の実施について

この度、象牙市場の実態調査アンケートを実施します。
この調査は、都内における象牙製品の在庫量や市場規模を把握し、今後の東京都における施策を検討するための資料とするものです。

◎調査対象:一般財団法人自然環境研究センターのホームページ内に公表されている
      『特別国際種事業者登録簿』の内、都内に所在地がある方々
◎調査方法:郵送
◎調査期間:令和2年2月17日(月曜日)から令和2年3月9日(月曜日)まで

販売禁止を目指し、引き続きご意見送付をお願いいたします。詳しくは前回の記事も参照ください。

意見送付先

メール➡「都民の声総合窓口」のメールフォームから

手紙の場合
〒163-8001 東京都庁「都民の声総合窓口」宛て(住所は不要です。)
要望書以外の資料等(CD-RやUSBメモリ等の記憶媒体等)は情報セキュリティ対策のため受付しないそうです。

ファクスの場合
03-5388-1233 東京都庁「都民の声総合窓口」宛て

その後の経過

2020年10月12日 東京都に確認したところ、まだ次回の開催は未定とのことでした。アンケートは集約期間を終わったため、サイトから情報が削除されていますが、次回開催時に結果公表で変わりはないそうです。

Albrecht FietzによるPixabayからの画像

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG