堀井動物園園長 控訴審判決は控訴棄却! 一審判決罰金30万円を維持

堀井動物園園長の動物愛護法違反裁判、最高裁で継続中

堀井動物園園長の動物愛護法違反(特定動物の無許可飼育)裁判は5月28日に大阪高等裁判所にて控訴審判決が出ました。一審の判決(罰金30万円)が維持されていますが、ご報告しましたとおり、最高裁に上告されています。

本日、その後の様子を最高裁に確認したところ、継続中とのこと。

事件番号は、令和元年(あ)第902号です。

もし万が一、開廷されることになれば、全ての事件が下記のページに載るそうです。
http://www.courts.go.jp/saikosai/kengaku/saikousai_kijitsu/index.html

ただし、最高裁では上告を棄却するときは弁論(公判期日)を開く必要がなく、ほとんどが開廷されずに終わるそうです。最高裁での審理の実情については、以下のサイトが参考になると詳しい方から教えていただきました。

結果待ちですが、引き続きよろしくお願いいたします。

引き続き署名のご協力をよろしくお願いいたします。

これまでの裁判の経過

まとめページから経過をたどれるようにしてあります👇

堀井動物園園長 控訴審判決は控訴棄却! 一審判決罰金30万円を維持

同じタグの関連記事

堀井動物園園長 控訴審判決は控訴棄却! 一審判決罰金30万円を維持
最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG