館山市城山公園のニホンザル続報③ 母猿は新飼育場所を工事中。娘猿は、改善の予定なし……

館山市城山公園で飼育されているニホンザル2頭の環境が劣悪であることについて、これまで何度かご報告してきましたが、今年3月26日に現地に行った方から、何も変わっていなかった、お母さん猿のほうに毛布が3枚程度あったくらいだとの情報をいただきました。

娘の猿のほうは、檻から手を出し、地面の雑草(ドクダミ草)をむしって食べていた、近くにはその日のものとは思えない、干からびたキャベツが落ちていたとのこと。水もほぼ残っていませんでしたと書かれていました。

このとき再度、母猿のランちゃんをクジャクがいたスペースに移す件は進んでいないのか等、市に問い合わせたところ、4月に以下の回答をいただいていました。

今年4月8日の館山市からの回答

城山公園で飼育されているニホンザルについてのお問い合わせですが,サル飼養施設については二重扉の設置,降雨対策の屋根の設置,隠れ小屋,網の補強等に約100万円の経費を要しておりまして,完成については令和3年7月を目指しております。
サルの移動につきましては,外部の専門家の指導の下に実施します。
早急に改善できるよう進めてまいりますので,ご理解いただきますようお願いします。

館山市長 金丸謙一
担当 建設環境部都市計画課公園係

この工事がやっと、今行われています。今月中には、母猿は、この老朽化した檻から出され、移されることになります。移す際には、市内の別の動物施設の方が手伝うそうです。

予算は100万円とのことで、結果に期待できるかどうかはわかりませんが、少なくとも寝室と運動場所に分けられるとのことなので、清掃はできるようになるのではないかと思います。今は、床が金属の檻状で、糞尿を床下に落とす方式になっています。エンリッチメントなども進むとよいのですが……。

写真は、6月13日に同じ方が撮影してくださったものです。水飲み場も、バナナの皮やその他のゴミが入っていて濁っています。小松菜とにんじんをあげて来たそうですが、たまたまミカンをあげにきてた方にも遭遇し、話をしたところ、やはり飼育状態がかわいそうとのとのことで、毎日食べ物をあげにきてるという話だったそうです。

娘猿のジョーちゃん↓のほうは、新しい施設は準備されていません。ここで死ぬまで暮らすのでしょうか…

引き続きのお願いになりますが、館山市に、クラウドファンディングによる改善などを提案していただけないでしょうか。(外部で、例えば当会が集めても使ってもらえるかわかりませんし、実際の施設の設置者が寄付を募ったほうがトラブル等ないかと思います)

どうか、よろしくお願いいたします。

意見送付先

館山市長 金丸謙一 殿
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
メールフォーム➡市長へ手紙を出す

※担当課は館山市建設環境部都市計画課公園係です。問い合わせは下記へ。
電話:0470-22-3610 ファックス:0470-23-3116
E-mail:tosikeikaku@city.tateyama.chiba.jp

▼クジャクたちがいた場所。ここにランちゃんは移される予定です。
館山市 クジャクのスペース

過去記事

これまでの経緯です。新しい記事が上に来ています。

関連記事③

館山市の城山公園孔雀園のニホンザル檻について、一重扉は法令違反だと指摘していた件ですが、昨日館山市に確認したところ、母猿のほうをクジャクたちがいたスペースに移すための改修予算が今年度の予算でとられているそうです。 時期は決まっ[…]

檻とサル
関連記事②

[sitecard subtitle=過去記事 url=https://animals-peace.net/zoo/tateyamacity-monkeys-abuse.html target=] こちらに掲載しました館山市の城山公園[…]

関連記事①

これまで複数の団体が対応を求めてきている館山市の館山公園孔雀園の虐待的な動物飼育ですが、先日、館山市の都市計画課公園係にその後の状況を聞いたところ、キバタンについては県内の施設と譲渡交渉中とのことでした。しかし、ニホンザルについては[…]

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG