ピースウィンズ・ジャパンが書類送検されました。検察庁あての嘆願書にご協力ください【終了しました】

※こちらの嘆願書のお願いは終了いたしました。結果のご報告については、こちらの投稿をご覧ください。


PEACEも賛同団体となっております「日本の保護犬猫の未来を考えるネットワーク」より、本日お知らせがありました。

ネットワークが動物愛護法違反で告発していたピースウィンズ・ジャパン(犬事業はピースワンコ・ジャパン)が、本日送検されたそうです。既に報道もありましたが、告発されている事実関係に対し、送検となった部分は残念ながら限定的であるようです。しかし、起訴され裁判となれば、少なくとも平成29年8月から平成30年1月までの間に、約180頭の犬が過密飼育による闘争で死亡した状況について、真実の一端は明かされることになるでしょう。

NHKの報道によれば、送検に対しピースウィンズ・ジャパンの代表らは「犬を殺傷する意図はなかった」と容疑を否認しているそうですが、芸能人らを巻き込んで「アニマルウェルフェア」という語をイベント等で多用してきた団体が、ネグレクト(意図的虐待ではない飼育怠慢)を含む動物虐待に対し、そのような認識でしかないことを極めて遺憾に思います。

ネットワークは、ピースワンコが過密状況と認識しながら新たな犬を受け入れ続けていたことについて、「犬が死んでもかまわない」という未必の故意が認められるとし、代表らの行為が犬をみだりに殺し傷つける行為に該当するとして刑事告発しました。

つい先日、同団体は2800匹飼育中であるとツイートしていましたが、今だ広島県は犬を渡し続けています。計算上、安否不明となっている犬は900匹にのぼるにもかかわらず。

告発された状況(リンク先は閲覧注意)が「殺処分から救った」と言えるようなものであるのか否か世に問い、状況を改善させるためにも、裁判により事実関係を明らかにし、関係者に事態の重さを認識していただく必要があると考えます。起訴へ向け、検察庁あての嘆願書の送付を、どうかよろしくお願いいたします。

以下、ネットワークからのお願いの全文転載です。 

※署名用紙アドレスに修正がありました。
※検察の判断が早まる場合を考えて、できるだけ早急に郵送して下さい。
6月末まででお願いしていましたが、まだ検察の判断が出ていませんので、間に合います。結果がわかり次第お知らせいたしますので、それまでに嘆願書をお送りください。
※終了しました


「日本の保護動物の未来を考えるネットワーク」の活動にご署名いただいた方々へ

昨年11月26日付けで特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(ピースワンコ・ジャパン)を動物愛護法違反で告発し、警察の捜査が進められておりましたが、本日6月4日、福山区検察庁に書類送検されましたことを賛同団体およびご署名くださった方々にご報告申し上げます。

これまで何度もお伝えしてまいりましたが、今回の告発の目的はピースワンコ・ジャパンを潰すことではありません。

ネットワークとして、これまで5年以上にも渡り、譲渡動物に対する不妊手術の徹底及びこれ以上の犬の引き出しを止めるよう、広島県とピースワンコに訴え続けてきましたが、双方とも、殺処分ゼロの維持こそが動物愛護であると信じて疑わず、肝心の犬たちの飼育環境が益々悪化していくことについては黙殺し続けています。

今回の告発は、現在ピースワンコ施設にいる犬たちの環境改善を求めると同時に、これ以上広島県からピースワンコに犬を移動させない為のやむを得ない手段であり、同団体に限らず、保護活動と称して過密収容や未手術譲渡を行うことが、いかに現場にいる動物を苦しめ、社会的に間違った動物愛護の流れを作っているかを問うものでもあります。

今後、この件は検察に委ねられ、最終的に起訴か否かが決定されますが、前回もお伝えしたように、動物愛護法と司法現場の乖離は甚だしく、これまでの事例を考えると厳しい結果も予想されます。今後益々増えていく多頭飼育崩壊や動物愛護団体の在り方に警鐘をならすためにも、ぜひ以下の嘆願書にご署名いただき、皆様の声を検察に届けてくださるよう心よりお願い申し上げます。

*告発状および嘆願書に書かれている虐待事実は、すべて内部告発者の証言や証拠写真などに基づくものであり、陳述書で明らかにされています。

●嘆願書はこちら(PDF署名用紙ダウンロード)
https://static.wixstatic.com/ugd/c6567d_533d48476e6a4ee1b2149011232e5c72.pdf

<嘆願書郵送先>
〒720-0031 広島県福山市三吉町1丁目7番2号 福山法務合同庁舎3階 福山区検察庁

●ピースワンコ施設の内部写真はこちら
*注意:こちらに掲載された写真は、被害状況を示す衝撃的な画像を含む為、十分ご注意の上ご覧ください。
https://inunekonet.wixsite.com/openletter-pwj/photo

●告発状はこちら(公開範囲を広げました)
https://inunekonet.wixsite.com/openletter-pwj/criminalcomplaint

なお、今回の告発に関しましては、既に弁護士費用の他、証人を含む告発関係者による広島県警での聴取等、交通費がかかっており、送検後も弁護士による法的サポートや新たな証人対応等費用が必要となります。

つきましては、大変恐縮ではありますが、上記費用に関して多少なりともご寄付いただける方は、ぜひ下記までよろしくお願い申し上げます。

三井住友銀行 大船支店 普通 
口座番号7138485 いぬねこネットワーク

お振込みの際はお名前・メールアドレス・ご住所等のご連絡先を下記メールフォームよりお知らせください。(ご連絡がない場合は振込みの控えをもって領収書とさせていただきます)
メールフォーム:
https://inunekonet.wixsite.com/openletter-pwj/contactform

●これまでの会計報告はこちら
https://static.wixstatic.com/ugd/c6567d_ceb1f2c73e3b4612a3d4ed7e0c124c94.pdf

●東京新聞への抗議文はこちら
https://inunekonet.wixsite.com/openletter-pwj/tokyoshinbun
※SNS等での情報拡散につきましても、ご協力よろしくお願い申し上げます。

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG