ニホンイシガメ、8センチ以上の野生個体は輸出禁止が決定

本日、「東京レプタイルズワールド2015冬」でもまだまだ盛大に売られていたニホンイシガメですが、先日のパブリックコメント案通りの基準で輸出禁止が決定されたことを環境省がリリースしています。

今後、ニホンイシガメの輸出に関するワシントン条約(CITES)上の科学的助言は以下のような方針でなされます。

<輸出助言実施の条件>

(1)野外捕獲個体:
   背甲長8cm以上の個体については助言不可。
   背甲長8cm未満の個体については助言可。

(2)飼育繁殖個体:
   飼育繁殖させた個体については、体サイズを問わず助言可。

飼育個体と偽ることへの懸念については、「飼育繁殖個体については、飼育繁殖施設における繁殖状況の確認を慎重に行い、問題がないと考えられる場合のみ、輸出を認める方針です」との回答がありました。

▼野生動物は、自然の中で出会えてこそ感動では?
東京レプタイルズワールド2015

東京レプタイルズワールド2015

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG