生息国から合法に輸出されたことはない「幻の」ミミナシオオトカゲ

あさましいCITES商法
あさましいCITES商法

ボルネオ島で1878年に発見されて以来、目撃例が乏しいために「世界で最も珍しいトカゲ」とも言われてきたミミナシオオトカゲですが、12月5~6日に池袋で開催されたレプタイルズワールド2015冬で、なんと狭いプラスチックケースに2匹入れられて売られていました。

トラフィックイーストアジアジャパンのレポートによれば、この種に関して生息国が輸出許可を発行した記録はなく、「いかなる飼育施設内の親個体も、合法的に取得した個体は存在しない」とのことですが、CITES付属書I掲載の提案が準備されていることも業者の手にかかれば宣伝材料。相変わらずの業界体質と驚きます。

ちなみに、日本では静岡のイズー(体感型動物園 iZoo)でインドネシア由来とされる個体が展示されていますが、この入手についても非合法ルートがとられたことをトラフィックのレポートは示唆しています。

参考リンク:

故郷の自然から切り離して希少な動物を得ることの何が楽しいのだろうか…
故郷の自然から切り離して希少な動物を得ることの何が楽しいのだろうか…

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG