PEACE活動報告ブログ

【御礼】動物愛護法改正署名10万筆!&緊急院内集会のご案内

動物愛護法改正国会請願署名、なんと10万筆を超えました!
皆さまのご協力に心より感謝いたします。

この声は、紹介議員を介して順次衆参両院に届けていきます。
国会請願になりますので、正式に両院の環境委員会にかかるものになります。

また条文の議論もはじまりつつあり、3月6日(火)午後、衆議院議員会館で緊急の院内集会を開催することといたしました。(署名3団体主催です)

今回は、議論があまり行われてこなかった実験動物・畜産動物・展示動物にスポットを当てます。
平日ですが、ぜひご参集ください。関心の高さを国会議員に示しましょう!

お申し込みは下記のメールフォームからお願いいたします。

https://goo.gl/forms/VzDWVtP4s7hgCH3T2


動物愛護法改正緊急院内集会
先進国にふさわしい動物愛護法を目指す

~すべての動物を守れる法律を~

 
今国会で動物愛護管理法が改正される予定で、その議論が進められています。

流通・販売の問題も含め、犬猫などの家庭動物については多くの議論がなされてきましたが、残念ながら、実験動物、産業動物、展示動物についての議論はほとんどなされていません。他の先進国と同様に、日本の法律も、すべての動物を守れる動物「福祉」法として実効性を持たせるために、各分野からオピニオンリーダーをお招きし、改正の必要性を訴えるべく緊急院内集会を開催します。

私たちが呼びかけた国会請願署名には10万人を超える方々がご協力くださっています。
先進国としてあるべき動物法を目指し、この声を国会に届けましょう!

【開催概要】
2018年3月6日(火) 15:30~17:30 
(15:00開場・15:45までロビーにて通行証を配布します)

衆議院第二議員会館 1階 多目的会議室
(東京都千代田区永田町2丁目1-2)
最寄り駅:永田町駅(地下鉄有楽町線・半蔵門線・南北線)
     国会議事堂前駅(地下鉄丸ノ内線・千代田線)

【スピーカー】
(敬称略)
これまでの議論の報告<家庭動物>:
 公益財団法人動物環境・福祉協会Eva 代表 杉本 彩
実験動物:
 日本動物実験代替法学会会長・東京大学大学院工学系研究科教授 酒井 康行
産業動物:
 帝京科学大学アニマルサイエンス学科教授 佐藤 衆介
展示動物:
 動物ジャーナリスト・映画監督 佐藤 榮記
改正の方向性:
 主催3団体

【主催】
NPO法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA)
認定NPO法人 アニマルライツセンター(ARC)
PEACE 命の搾取ではなく尊厳を

※お問い合わせはメールにてお願いいたします。

【参加のお申し込み】

●メール
下記のメールフォームからお願いいたします。

https://goo.gl/forms/VzDWVtP4s7hgCH3T2

●FAX
お名前、所属団体・組織名、メールアドレス、電話番号を必ず明記ください。

FAX:03-4540-4049

 

このエントリーをはてなブックマークに追加