オオカミと犬:CITES(ワシントン条約)では、交雑種も規制対象

動物愛護法で定められている特定動物の規制については、交雑種が対象外となっていることが問題になっています。

以前、ほとんどオオカミに近いオオカミ犬(もしくは表向きオオカミ犬と偽って流通・飼育されているオオカミ)が犬として飼育されている問題について取り上げましたが、これは、特定動物の規制においては犬として逃れられているだけです。

動物検疫については、以前ご報告した通りのルールですが、CITES(ワシントン条約)では、交雑種も規制対象です。

経済産業省に改めて確認しましたが、オオカミ(Canis lupus、CITES付属書IかIIには必ず該当)とイエイヌ(Canis lupus familiaris、CITES規制対象外)の交雑種については、4代前までに1匹でもオオカミの血が入っていればオオカミ扱いとなり、CITES上の輸入手続きを正式に踏まなければ輸入できません。

つまり、オオカミと掛け合わせることで99.9%オオカミにした「犬」を犬として輸入することができるなどというのは、虚言です。オオカミ犬を犬として輸入するなら、純粋オオカミの血は5代前以前に入った場合に限る。

CITESデータベースによれば、商業目的でのオオカミの日本への輸入は、2007年にカナダから3頭入ってきている記録が最後。
アメリカからは1989年の1頭が最後。

その後に入って来ているのであれば、犬と偽った密輸ということになります。

CITES付属書ではどうなっているか

オオカミ(Canis lupus)[Common Wolf; Gray Wolf; Timber Wolf; Wolf]

付属書I:ブータン、インド、ネパール及びパキスタンの個体群に限る。飼育された標本(Canis lupus familiaris 注:イエイヌのこと)及びディンゴ(Canis lupus dingo)を除く。他のすべての個体群は附属書IIに掲げる。
付属書II:附属書Iに掲げるブータン、インド、ネパール及びパキスタンの個体群を除く。飼育された標本(Canis lupus familiaris)及びディンゴ(Canis lupus dingo)を除く。

輸入報告数一覧

※日本の2017年までのオオカミ(オオカミ犬含む)の輸入の実績一覧。輸出国側と報告が一致していないレコードが結構ありますが、輸入国側の記録が正式な日本政府の統計になります。
※動物園用に輸入された個体を商用に流通させることも違反です。

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG