シャネルがエキゾチックレザー廃止の画期的一歩! 食用以外の動物の革・毛皮の使用廃止

あの高級ファッションブランド、シャネル(CHANEL)が、とかげ革、わに革、蛇革などのエキゾチックレザーの使用を廃止する方針を明らかにしたとのこと! PETAが報告しており、報道もされています。

毛皮に比べて取り組みが遅れている皮革についても、高級ブランドが取り組みを始めたのは画期的です!

日本のシャネルのカスタマーケアにも聞いてみたところ、日本でも同じ対応だそうです。これも素晴らしいです。

日本語サイトでの方針の公表等は未定とのことでしたが、いま日本側でも聞いている方針としては「食用に殺されたもの以外は使用しない」とのことで、クロコダイル、アリゲーター、リザード、パイソン、オリラグ(ウサギの品種のひとつ)の毛皮も扱わないそうです。

報道では、すでに該当商品は公式サイトから削除されているとあったので、日本のサイトも見てみましたが、既に載っていないのではないかと思います。(カスタマーケアの人も見てくれて、ないようだと言っていました)

もちろんビーガンブランドになってくれたら最高!ですが、既存高級ブランドとしては、皮革にも踏み出した点で大きな一歩です。

報道では、「高品質のレザーを倫理的な方法で入手することが困難になっている」(AFP)ためとありましたが、2013年ヘビ年の年頭ブログでもご紹介した通り、例えばヘビの殺し方は、マレーシアは断頭、インドネシアは頭部打撃による脳の破壊(撲殺)、ベトナムは窒息で行われており、窒息は特に苦しいとの報告が出ています。

最も推奨される方法でも撲殺になってしまうという現実から、「人道的な」(苦痛の少ない)製造は不可能と言えるでしょう。

ワニ革のためのワニの飼育も過密で不衛生な状態であり、殺して皮を取る際の残酷な処理方法について、PETAなどが指摘していました。

また、ファッションブランドがエキゾチックレザーの高級なイメージを煽った結果、希少種を含む野生動物が消費され、密猟が横行するというのは、本来望むところではなかったでしょう。

爬虫類にも及んでいる点で、シャネルの決定は画期的だと思います。

同じタグの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG