TAG

アメリカ

  • 2021年2月11日

<アメリカ>動物実験に使われる哺乳類は年1億1150万匹と推計されるが、マウス・ラットを政府統計が把握せず

アメリカの法規制と統計のしくみについて 一般家庭から犬や猫が盗まれ動物実験に売られていることが社会問題となったことなどが契機となり制定されたアメリカの連邦法「動物福祉法(AWA)」では、動物実験施設の登録制などが定められています。 しかし、その動物実 […]

  • 2021年2月11日

<アメリカ>FDA(食品医薬品局)の動物実験代替法ワーキンググループが報告書を公表

昨日はアメリカのEPA(環境保護庁)の動物実験代替への取り組みについてご紹介しましたが、アメリカでは、医薬品、化粧品、医療機器、動物薬、たばこなどの許可や監視業務などを行うFDA(食品医薬品局)も動物実験の代替に取り組んでいます。 FDAは、2017 […]

  • 2020年2月26日

アメリカ食品医薬品局(FDA)が、使用後の実験動物の一般譲渡を認める方針を策定

アメリカ食品医薬品局(FDA)は、医薬品等の承認審査や食の安全に関わる業務を行う連邦政府機関です。日本で言えば、厚生労働省などにあたるところ。 そのFDAが、実験に用いられた動物たちについて、一般家庭などへの譲渡を可能にするポリシーを昨年11月に定め […]

  • 2018年12月26日

米ニュージャージー州で成立した野生動物・外来動物の移動展示禁止法がすごい!

アメリカ・ニュージャージー州で、 12月14日、野生もしくは外来の動物の移動展示を禁止する「ノージー法」に州知事が署名し、承認されました。 10月に下院と上院を通過していましたが、その最終法案を見ると、一部の都市をのぞき即日施行となっています。 「ノ […]

  • 2016年6月20日

ジョンズ・ホプキンス大、外科トレーニングでのブタの使用を廃止⇒全米の大学で生きた動物を用いる実習廃止へ

動物実験代替の世界をリードするジョンズ・ ホプキンス大学動物実験代替法センター(CAAT)が、同大の外科トレーニングにおけるブタの利用廃止についてアナウンスしました。数年来話し合いを持ってきた末の決定とのことです。 Johns Hopkins End […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG