TAG

マウス

  • 2021年6月25日

健康食品チラシの動物実験について、九州大学から驚愕の回答! 偽りの研究成果が載っている

先日、動物実験しか根拠がなく、意味不明のグラフや、疑わしい比較写真などが使われている健康食品のチラシについてブログでご紹介しました。こんな怪しい内容でも見たら信じてしまう人がいるかもしれないので商品名は伏せましたが、乳酸菌の一種です。 マウスとニワト […]

  • 2021年2月11日

<アメリカ>動物実験に使われる哺乳類は年1億1150万匹と推計されるが、マウス・ラットを政府統計が把握せず

アメリカの法規制と統計のしくみについて 一般家庭から犬や猫が盗まれ動物実験に売られていることが社会問題となったことなどが契機となり制定されたアメリカの連邦法「動物福祉法(AWA)」では、動物実験施設の登録制などが定められています。 しかし、その動物実 […]

  • 2021年2月7日

動物実験しか根拠がなく景品表示法違反の疑いのある健康食品チラシについて消費者庁に通報しました

人への有効性を実証するデータがないのに広告することは不当表示に該当 住宅のポストに動物実験の写真を堂々と使ったチラシが投函されていました。驚きます。 マウスとカイコの動物実験を大々的に根拠としていますが、人でどうだったかの科学的根拠が一切、書かれてい […]

  • 2020年4月29日

動物実験用のSPFマウスでも衛生証明書の不備で輸入ができず、殺処分された事例が!

別件を調べていて、東京税関へ情報公開請求をした書類の中から、驚くべきものが出てきました。 平成28年(2016年)のことですが、日本へ空輸されてきたSPFマウスが、衛生証明書の不備のため、殺処分されていました。 SPFマウスとは、マウス固有の特定の病 […]

  • 2019年10月25日

神戸学院大学のマウスを使った動物実験で、論文10本にデータ改ざんが発覚。大学からの回答は…

今年6月、神戸学院大が薬学部の30代助教が発表した論文10本でデータの改ざんがあったとする調査結果を公表しました。 報道によれば、「病気の原因を探るために行った動物実験のデータを、論文の趣旨に合うよう改ざんしていた」(神戸新聞)、「マウスに薬を投与し […]

  • 2019年7月15日

合法な、げっ歯類の輸入はこれだけしかない(平成22年~29年統計)

※写真はイメージです。記事とは無関係(だといいな)です。 感染症法に基づく輸入届出制度において、げっ歯目の動物(げっ歯類、いわゆるネズミやリスなど)には一段高い規制が引かれています。危険な病原体を日本に持ち込む可能性があるからです。 具体的には事前に […]

  • 2018年9月1日

殿町バイオ施設一般公開~実中研は、何もわかっていない子供にマウスの顕微授精体験

8月1日、自治体の誘致によってバイオ施設が立ち並ぶ川崎市の殿町キングスカイフロントで各施設の一般公開が行われました。非常に暑い日でしたが、スタンプラリーで景品がもらえるせいか、予想外にとても多くの人が来場していました。川崎市の腕章を付けた人たちを何回 […]

  • 2017年3月10日

下痢性貝毒の検査法から動物実験が完全に削除されました!

日本でもすでに2015年に、厚生労働省が求める貝毒(下痢性貝毒)の検査のための動物実験は機械検査に変更になっているのですが、機械検査の際に必要な標準物質(いわゆる毒そのもの)の調達の問題があり、当面は動物実験で行ってもよいという経過措置がとられていま […]

  • 2016年11月13日

マウスの尻尾を持つのは止めよう! 英・動物実験指導動画

イギリスのNC3R(国立3Rセンター)が、マウスの「やさしい」取り扱い方を教育普及するための動画を公表しました。 日本でも広く行われていることですが、実験用のマウスを移動させるときに、なぜか尻尾を持って動かします。 この方法のほうが早くマウスを扱える […]

  • 2016年11月11日

子宮頸がんワクチン研究班のマウス実験データは使えません 

厚生労働省の研究費で行われている子宮頸がんワクチンの研究のうち健康被害について研究している通称「池田班」(研究代表者:池田修一教授(信州大学医学部脳神経内科、リウマチ・膠原病内科))が今年3月16日に成果発表を行った内容について、捏造だと指摘する記事 […]

  • 2016年10月22日

今月のsippo掲載は、ヌードマウスの生産現場について

朝日新聞「sippo」 への今月の掲載は、体に傷がついたら殺処分されるなど、驚きのヌードマウス生産現場についての記事です。若干簡易版にしました。 家庭動物関連の話題が多いなか少々浮いていますが、実験用に人知れず消費されていく動物たちのことも知ってくだ […]

  • 2016年8月15日

ヌードマウスの生産現場は?&日本実験動物学会総会報告

SNSで当日少しご報告をしていましたが、5月に第63回日本実験動物学会総会が川崎で開催されたので参加して来ました。 その際に聞いた話の中から、ヌードマウスの生産現場についてまとめてみました。動物実験は、実験においてだけではなく、そこに至るまでにも多く […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG