改正動物愛護法2年目の施行へ向けて動物取扱業者の飼養管理基準が策定されようとしています。犬猫以外の動物にも福祉基準を!

活動報告ブログ

  • 2020年10月13日

館山市城山公園のニホンザル、1頭については予算がつきました

館山市の城山公園孔雀園のニホンザル檻について、一重扉は法令違反だと指摘していた件ですが、昨日館山市に確認したところ、母猿のほうをクジャクたちがいたスペースに移すための改修予算が今年度の予算でとられているそうです。 時期は決まっていないようでしたが、今 […]

  • 2020年10月2日

「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」が犬猫基準をとりまとめ

第7回検討会を経て、取りまとめ文書が公表されている 「犬猫以外の動物にも業者基準の強化を! #置き去りにされた動物たち 」の呼びかけとご報告が前後してしまい申し訳ありません。 8月12日、環境省の「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」の第7回を […]

  • 2020年9月17日

環境省と面談:犬猫以外の動物の基準は、来年の施行時には手をつけない! その後も具体的計画なし

犬猫以外の動物にも業者基準の強化を! 環境省に意見をお送りください 「犬猫以外の動物にも業者基準の強化を!」のアクションをアップしました9月15日、PEACE及びJAVA、ARCの3団体で、福島みずほ参議院議員同席のもと、環境省動物愛護管理室の室長と […]

  • 2020年9月17日

警察庁がボーガン規制へ 動物を殺害するなどの事件は10年で9件

今年6月、兵庫県宝塚市で4人がボーガンで殺傷された事件がありました。これを受けて、警察庁がボーガンの所持などに対する規制の在り方を議論する有識者検討会を開催することを決めたとの報道がありました。 23日に初会合が開かれ、計4回程度の開催を経て年末まで […]

  • 2020年9月15日

犬猫以外の動物にも業者基準の強化を! 環境省に意見をお送りください

※追記:この件については、下記のパブリックコメントが実施され、もうすぐ犬猫だけが強化された新しい基準が決定します。犬猫以外の動物については、検討するということだけが決まっていて、どういうスケジュールになるかなどは決まっていません。引き続き環境省に規制 […]

  • 2020年8月27日

盲導犬は要りますか? ガイドヘルパー養成研修についてのレポートを掲載しました

猛暑日が続いています。 この時期いつも、炎天下の熱せられたアスファルトの上を歩かなければならない盲導犬たちのことを思います。 盲導犬については、元ボランティアズの方々が作成したチラシを配布させていただいたこともありますが、そもそも必要なのだろうかとい […]

  • 2020年8月15日

珍しい動物を殺すのは誰か。偽造の衛生証明書による輸入でスナネコの殺処分が行われていた

2つの動物展示施設が、「日本動物園水族館協会加盟園では初」としてスナネコ(Felis margarita)の展示を開始した。那須どうぶつ王国と神戸どうぶつ王国だ。既に繁殖もしているのが驚きだが、「かわいい、かわいい」と報道されている。 しかし、このス […]

  • 2020年8月14日

コツメカワウソ密輸事件判決、懲役2年の有罪判決! ただし執行猶予4年…

8月6日、東京地方裁判所でコツメカワウソ密輸事件の判決を聞いてきました。初公判の内容はこちらをご覧ください。 コツメカワウソ密輸事件で懲役2年の求刑! 判決は8月6日です 今度は広い法廷に変更になっていて、傍聴することができました。 結論から言うと、 […]

  • 2020年8月13日

太地いさな組合宛「こころ込めますハガキアクション」に参加しました

今年も9月1日に解禁されるイルカ追い込み猟。 その廃止を訴えるため、ありいさゆさん他7名の方が呼びかけている「太地組合様宛 こころ込めますハガキアクション」にPEACEも参加しました。写真のハガキを送りました。 イルカ追い込み猟からイルカ保護区へ。 […]

  • 2020年8月13日

兎ウイルス性出血病について、奄美新聞が取り上げてくださいました

アメリカ南西部で野生のウサギ類に感染し猛威を振るう「兎ウイルス性出血病(兎出血病)」が、既に日本の複数の展示施設で発生していたことについて、先日こちらの記事に情報をまとめました。 アメリカでウサギ数千匹を死なせている「兎ウイルス性出血病」が日本各地の […]

  • 2020年8月11日

イルカ死にすぎの上越市立水族博物館「うみがたり」、第三者検討委員会始まる

せっかく買ったイルカ6頭のうち、4頭が既に死亡した上越市立水族博物館「うみがたり」 上越市からの回答には第三者検討委員会のことすら載っていない イルカの死亡が続き、ついにシロイルカは全滅となった上越市立水族博物館「うみがたり」ですが、市長名で教育総務 […]

  • 2020年8月4日

訂正:堀井動物園の欠格事由に該当する期間は、改正法の「5年間」

堀井動物園が第一種動物取扱業の登録の取消し処分を受けたことをご報告したこちらの投稿の中で、堀井動物園園長が再度業登録をすることができない期間(欠格事由に該当する期間)について、旧法に従って「2年間」と報告させていただいていましたが、正しくは改正法の定 […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG