活動報告ブログ

  • 2021年2月9日

「人と動物、生態系の健康はひとつ~ワンヘルス共同宣言」に賛同しました #ワンヘルスで守ろう私の大切なもの

PEACEは、「人と動物、生態系の健康はひとつ~ワンヘルス共同宣言」に賛同しました。 コロナだけではない、新たなパンデミックを防ぐカギ、#ワンヘルス を、私たちと一緒に広めませんか? WWFジャパン(世界自然保護基金ジャパン)が、個人の方の賛同も集め […]

  • 2021年2月9日

<バイオ小委員会報告書>経済産業省が取り組むべき施策として動物実験代替法を挙げる。代替肉も登場!

2月2日、経済産業省のバイオ小委員会(正式には、産業構造審議会 商務流通情報分科会 バイオ小委員会)が、日本のバイオ産業の競争力向上に向け、今後、経済産業省として取り組むべき施策を整理してまとめた報告書「バイオテクノロジーが拓く『第五次産業革命』」を […]

  • 2021年2月7日

動物実験しか根拠がなく景品表示法違反の疑いのある健康食品チラシについて消費者庁に通報しました

人への有効性を実証するデータがないのに広告することは不当表示に該当 住宅のポストに動物実験の写真を堂々と使ったチラシが投函されていました。驚きます。 マウスとカイコの動物実験を大々的に根拠としていますが、人でどうだったかの科学的根拠が一切、書かれてい […]

  • 2021年2月5日

韓国が第一次水族館管理総合計画(2021~2025)を策定。新規水族館は鯨類展示等禁止へ。動物に乗る・触るなどの体験も罰金へ

新たにつくられる水族館ではイルカを含む鯨類の飼育・展示・観覧は全面禁止。イルカに乗ったり触ったりする体験も禁止へ― 韓国の海洋水産府が先月21日、このような内容を含む「第一次水族館管理総合計画(2021~2025)」を公表しました。この計画は、「動物 […]

  • 2021年1月28日

大阪大学医学部付属病院の臨床検査技師が猫にアルコールをかけて火をつける動物虐待!

大阪大学医学部付属病院で働く臨床検査技師が、自分の飼い猫に消毒用アルコールをかけて火をつけて大やけどをさせたとして、書類送検されたとの報道がありました。 虐待した猫を自分で動物病院に連れていき、獣医師に問われて「消毒用のスプレーをかけて火をつけた」と […]

  • 2021年1月22日

日本に試験研究用の犬と猫を輸出している生産施設マップ、さらに更新

日本に動物実験用の犬と猫を輸出している生産施設の一覧をこちらのページに掲載しましたが、農林水産省が公表しているリストに古いと思われる施設が掲載されていたため、削除したほうがよいのではないかと情報提供したところ、回答がありました。 下記の2カ所の施設は […]

  • 2021年1月5日

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。 去年は、野生動物由来の新型コロナウイルスが世界を揺るがした1年でした。また、植物肉などの代替畜産品の話題が頻繁に取り上げられ、動物との関係のあり方が問われた年でもありました。 PEACE としては、5月末に堀井動 […]

  • 2020年12月29日

プリンちゃんのショー早期引退を! 熊本県からカドリー・ドミニオンに対し文書で指導がされました! 【2021.1.11 週刊女性記事について追記】

日本テレビ系列の動物番組「天才!志村どうぶつ園」の後継として始まった「I LOVEみんなのどうぶつ園」ですが、チンパンジーの子どもに服を着せて芸をさせるような内容とは縁を切るのかと思いきや、全く同じ路線を維持しています。 ガッカリです。 新たにMCに […]

  • 2020年12月29日

食品安全委員会評価技術企画WG、変異原性をコンピューター予測で評価する手引き案について審議

食品安全委員会では、12月17日に第20回・第21回の評価技術企画ワーキンググループが開催されました。 傍聴はできなかったのですが、第20回では、「食品健康影響評価において(Q)SAR を活用して変異原性を評価する場合の手引き(案)」 について審議が […]

  • 2020年12月20日

日本に試験研究用の犬と猫を輸出している生産施設マップ更新しました

犬と猫の輸入は検疫の対象ですが、試験研究用(動物実験用)の場合には特例が定められています。農林水産省が指定する施設からの輸入であって一定条件を満たしている場合には、180日以内の係留検査が不要となり、輸入時の係留期間を12時間以内におさめることができ […]

  • 2020年11月29日

全国地方自治体動物愛護関連ページリンクを更新しました

全国で動物愛護に係る業務(動物愛護法に係る事務や引取り・殺処分業務)を所管している自治体の一覧を掲載していましたが、URL変更や部署名の変更を反映させるのが大変なので、少し改変しました。中核市になった自治体や、保健所設置市を返上した自治体もあるので、 […]

  • 2020年11月27日

<超党派議連総会>業者の飼養管理基準、経過措置は12月の部会で決まってしまう

▲尾辻会長あいさつ。右に並ぶ堀越啓仁議員と串田誠一議員が事務局次長となることが了承された。 環境省に意見を! 一昨日、超党派の「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」の総会がありました。 議題のメインは、現在検討中の動物取扱業者の飼養管理基準案に […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG