TAG

動物実験代替法

  • 2021年3月12日

ハーバード大学発のバイオ関連スタートアップ企業「医薬品開発の霊長類試験を減らすべきときが来た」

先ほど投稿した新日本科学のサルの実験施設の規模があまりに大きすぎて、絶望的に感じた方もいらっしゃったかもしれません。 それだけでなく、新型コロナウイルスのパンデミックが起きて以来、ワクチン開発などのための実験用サルが不足していると、しきりに喧伝されて […]

  • 2021年3月4日

国民生活センター、2013年に動物ではない方法を使っていたのに2016年に残酷な動物実験

消費者庁が平成25年(2013年)に、首からぶら下げるタイプの携帯型空間除菌剤によって化学熱傷を起こす事故が発生していると警告しているとの情報がインターネットで回ってきました。 中を確認したところ、当時は、動物実験ではない方法で刺激性を確認していまし […]

  • 2021年2月12日

経済産業省の動物実験代替技術の開発に期待がかかる~「近い将来動物実験を実施できなくなる可能性が高い」

経済産業省の事業の中間評価報告書が公開されている 先日、経済産業省のバイオ小委員会の報告書が出たことを、ご紹介しました。 この文書の中で言及されている「再生医療・遺伝子治療の産業化に向けた基盤技術開発事業」について、昨年6月、中間評価報告書が取りまと […]

  • 2021年2月11日

<アメリカ>FDA(食品医薬品局)の動物実験代替法ワーキンググループが報告書を公表

昨日はアメリカのEPA(環境保護庁)の動物実験代替への取り組みについてご紹介しましたが、アメリカでは、医薬品、化粧品、医療機器、動物薬、たばこなどの許可や監視業務などを行うFDA(食品医薬品局)も動物実験の代替に取り組んでいます。 FDAは、2017 […]

  • 2021年2月9日

<バイオ小委員会報告書>経済産業省が取り組むべき施策として動物実験代替法を挙げる。代替肉も登場!

2月2日、経済産業省のバイオ小委員会(正式には、産業構造審議会 商務流通情報分科会 バイオ小委員会)が、日本のバイオ産業の競争力向上に向け、今後、経済産業省として取り組むべき施策を整理してまとめた報告書「バイオテクノロジーが拓く『第五次産業革命』」を […]

  • 2020年12月29日

食品安全委員会評価技術企画WG、変異原性をコンピューター予測で評価する手引き案について審議

食品安全委員会では、12月17日に第20回・第21回の評価技術企画ワーキンググループが開催されました。 傍聴はできなかったのですが、第20回では、「食品健康影響評価において(Q)SAR を活用して変異原性を評価する場合の手引き(案)」 について審議が […]

  • 2020年7月24日

第17・18回食品安全委員会WG~動物実験ではないコンピューター予測手法などについて審議

動物実験代替法など、食品安全に関わる新しい毒性予測評価の方法について検討を行っている食品安全委員会のワーキンググループ(評価技術企画ワーキンググループ)ですが、6月25日に2回にわたり開催されました。 ともに傍聴不可だったので傍聴はできませんでしたが […]

  • 2020年6月23日

共同通信が動物実験代替に関する記事を配信「AI活用で9割減 経産省が試算、10年後に」

動物実験を9割削減すると予測! 経済産業省の動物実験代替法開発プロジェクト 「動物実験を9割削減すると予測! 経済産業省の動物実験代替法開発プロジェクト」の投稿でご紹介した動物実験代替プロジェクト「AI-SHIPS」について、共同通信が記事にしてくだ […]

  • 2020年4月20日

動物実験を9割削減すると予測! 経済産業省の動物実験代替法開発プロジェクト

▲クリックで拡大 経済産業省予算10億4千万円(5年間)の研究開発プロジェクトの「中間評価」の審査が終了 去年の12月26日、経済産業省で開催された第1回「省エネ型電子デバイス材料の評価技術の開発事業(機能性材料の社会実装を支える高速・高効率な安全性 […]

  • 2020年2月4日

日本動物実験代替法学会3Rs啓発委員会が高校・大学に出向いての「出前講義」受付開始!

Twitterなどでもご紹介しましたが、1月9日に日本動物実験代替法学会3Rs啓発委員会の専用ページが本格実施版に移行し、高校生・大学生(院生を含む)を対象とした出前講義の申し込みができるようになりました。 これは、日本動物実験代替法学会会員の登録講 […]

  • 2019年11月1日

食品安全委員会評価技術企画WGでの検討、動物実験代替法関連は来年度以降

動物実験の代替を含め、新しい安全性評価法について検討している食品安全委員会の評価技術企画ワーキンググループですが、10月16日に第16回が開催され、委員の改選等がありました。 ベンチマーク ドーズ(BMD)法に関する報告書のとりまとめがあった後もベン […]

  • 2019年10月25日

化学メーカーによる業界団体も動物実験代替法に取り組む~2019年日化協LRI研究報告会

日本化学工業協会により毎年実施されている「日化協LRI研究報告会」が今年も開催され、午前中のみ聞いてきました。 日化協は、誰もが知っているような有名な大手化学メーカーも加盟する、化学製品製造業者らによる業界団体です。自分たちの売る原料や製品によって人 […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG