PEACE活動報告ブログ

食品安全委員会WGとりまとめ第一弾 (Q)SAR及びRead across

食品安全委員会が昨年立ち上げた評価技術企画ワーキンググループで、とりまとめ文書の第一弾が公表されました。 先日、傍聴レポートをこちらにアップしましたが、このとき座長預かりになっていたものです。 「新たな時代に対応した評価 … Continue reading

めっちゃさわれる動物園、数日で死亡したサーバルキャットがいた

滋賀県の移動動物園「堀井動物園」が運営するショッピングモール「ピエリ守山」内の「めっちゃさわれる動物園」。不適切な動物の取り扱いが次々ネットで報告される中、ずぶとく、話題のアニメに便乗した企画をやったりしているようですが … Continue reading

欧州REACH施行10年。動物実験代替法の利用状況はー?

EUの化学物質規制であるREACHでは、市場に流通させる化学物質ごとに登録が求められており、毒性に関するデータがないものについては動物実験が新たに行われることがあります。 よく、「動物実験されていない化学物質はない」など … Continue reading

堀井動物園に動物を売らないで! 去年、キリンが1か月半で死亡

先月、ピエリ守山・めっちゃさわれる動物園のライオン、リオンくんの、あまりにかわいそうな状態から炎上した堀井動物園で、新たな事実発覚です。 なんと、昨年キリンを輸入し、1か月半で死なせていました。 もう絶句です。 実は、こ … Continue reading

<OIE連絡協議会>豚のウェルフェアコード、コメントは2巡目へ

6月29日、農林水産省が平成29年度の第1回国際獣疫事務局(OIE)連絡協議会を開催しました。 今回は、前回に引き続いて、動物福祉関係では、「アニマルウェルフェアを評価する測定指標の使用のための指導原則」に関する改正章案 … Continue reading

タイで密輸で逮捕された業者が第一種動物取扱業登録を延長

2015年2月、タイの国際空港で毒ヘビやカメなど100匹以上の動物(海外の報道によると、カメ110匹、ヘビ21匹、ヤモリ9匹、ウッドチャック4匹、計144匹)を、許可なく日本に運ぼうとしたとして逮捕された日本人の男2人が … Continue reading

毒物劇物の分野でも動物実験の代替について初めての通知が!

6月13日、毒物及び劇物取締法の分野でも画期的なことが起こりました! 厚生労働省が「毒物劇物の判定基準の改定について(通知)」を発出し、毒物及び劇物の判定の際に用いられるデータについても、動物実験の代わりとなる試験法を用 … Continue reading

食品安全委員会、(Q)SAR等に関する報告書のとりまとめへ

金曜日に食品安全委員会の第6回評価技術企画ワーキンググル―プの会合があり、傍聴してきました。動物を用いない新規評価法などの検討を行っているワーキンググループで、詳細は過去のブログをご参照ください。 今回は、(Q)SAR及 … Continue reading

<堀井動物園>動物の過密輸送と長時間放置の件、県から回答

めっちゃさわれる動物園のライオンのリオンくんの情報が広まってすぐ、同じく堀井嘉智氏が経営する個人移動動物園「堀井動物園」について、別の情報提供がありました。 移動動物園開催地への輸送開始前日から夜間、長時間の動物の無人放 … Continue reading

鳥獣保護法施行規則改正 ボーガン・吹き矢も禁止猟法として明確に

先日、鳥獣保護法施行規則の改正について公表されました。この改正で、環境大臣が禁止する猟法として「弓矢を使用する方法」とされていたものが、「矢を使用する方法」に変わりました。 鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法 … Continue reading